学習ヘルプ
ハリス,マーティン
戻る 次へ

ハリス,マーティン

『モルモン書』の神聖な起源と真実性をあかしした三人の証人の一人。彼はジョセフ・スミスと教会に財政的な援助を与えた。主はマーティン・ハリスに,土地を売却してその金銭をささげることにより,『モルモン書』の出版の代金を支払い(教義19:26-27,34-35),教会員の模範となり(教義58:35),また伝道に必要な支払いの援助をする(教義104:26)ように求められた。

マーティン・ハリスは教会から破門されたが,後に教会員としての資格を完全に回復した。彼は生涯の終わりまで,天使モロナイに会ったことと,ジョセフ・スミスが『モルモン書』の翻訳に用いた金版を見たこととを証した。