学習ヘルプ
五旬節
戻る 次へ


じゅんせつ

モーセの律法の一部として,すぎこしの祭の50日後に五旬節すなわち初穂の祭が行われた(レビ23:16)。五旬節は収穫を祝うためのものであり,『旧約聖書』では刈入れの祭あるいは七週の祭とも呼ばれた。エルサレムで使徒たちが聖霊に満たされ,異言を語ったのは,この祭が祝われていたときであった(使徒2章教義109:36-37)。