学習ヘルプ
サムエル(旧約​の​預言者)
脚注

Hide Footnotes

テーマ

サムエル(旧約​の​預言者)

旧約​の​預言者。エルカナ​と​ハンナ​の​息子。母​の​祈り​へ​の​答え​として​生まれた(サ上​1章)。幼年​時代,サムエル​は​シロ​に​置かれて​いた​幕屋​で​大祭司​の​務め​に​あった​エリ​の​もと​で​育てられた(サ上​2:11;​3:1)。主​は​年​若い​サムエル​を​預言者​として​召された(サ上​3章)。エリ​の​死後,サムエル​は​イスラエル​の​偉大​な​預言者,士師​と​なり,律法​と​秩序,規則​に​のっとった​宗教​礼拝​を​回復​した(サ上​4:15-18;​7:3-17)。

サムエル上​28:5-20​には,サウル​王​の​要請​で​エンドル​の​口寄せ​が​サムエル​を​死​から​呼び起こした​と​いう​記述​が​ある。しかし,これ​を​神​から​の​示現​と​考える​こと​は​できない。口寄せ​や​その他​の​霊媒​には,自分​の​求め​に​従って​預言者​を​登場​させる​よう​な​力​は​ない​から​で​ある(サ上​28:20)。

サムエル記上・下

『聖書』に​よって​は,この​上下​巻​を​まとめて​1​書​と​して​いる​もの​も​あり,2​書​に​分けられて​いる​もの​も​ある。この​2​書​は,サムエル​の​誕生​から​ダビデ​王​の​死​の​直前​まで​の​約​130​年​の​期間​を​扱って​いる。

サムエル記上

第 1-4章​には,主​が​エリ​の​家族​に​災い​を​宣告​して,罰​を​下された​こと,また​サムエル​を​大祭司​と​士師​の​職​に​召された​こと​が​書かれて​いる。第 4-6章​には,契約​の​箱​が​ペリシテ人​の​手​に​渡った​いきさつ​が​述べられて​いる。第 7-8章​には,偽り​の​神々​と​悪い​王​を​持つ​こと​に​対する​サムエル​の​警告​が​書かれて​いる。第 9-15章​には,サウル​の​戴冠たいかん​と,王​として​の​彼​の​治世​が​述べられて​いる。第 16-31章​には,ダビデ​の​経歴​と​彼​が​力​を​つけて​いく​様子​が​描かれて​いる。サムエル​は​ゴリアテ​を​倒した​ダビデ​に​油​を​注いだ。サウル​は​ダビデ​を​憎んだ。しかし​ダビデ​は​機会​が​あった​に​も​かかわらず,サウル​を​殺そう​と​しなかった。

サムエル記下

この​書​には,ユダ​の​王,また​後​には​全​イスラエル​の​王​として​の​ダビデ​の​治世​が​詳細​に​描かれて​いる。第 1-4章​には,ダビデ​が​ユダ​の​王​に​なった​後​も,ダビデ​の​支持​者​と​サウル​の​支持​者​の​間​で​長い​争い​が​あった​こと​が​記されて​いる。第 5-10章​には,ダビデ​が​多く​の​地域​で​権勢​を​伸ばして​いった​様子​が​描かれて​いる。第 11-21章​には,自分自身​の​罪​と​家族​の​内部​から​起きた​反逆​の​ため​に,ダビデ​の​霊的​な​力​が​衰えて​いく​様子​が​描かれて​いる。第 22-24章​には,ダビデ​の​神​と​の​和解​へ​の​試み​が​描かれて​いる。