学習ヘルプ
エフライム
戻る 次へ

エフライム

『旧約聖書』の中の人物。ヨセフとアセナテの2番目の息子(創世41:50-5246:20)。エフライムはそれまでの習わしに反して,長男のマナセに代わって長子の特権の祝福を受けた(創世48:17-20)。エフライムはエフライムの部族の先祖となった。

エフライムの部族

エフライムはイスラエルにおける長子の特権を与えられた(歴上5:1-2エレ31:9)。終わりの時における彼らの特権と責任は,神権を受け,世の人々に回復された福音の教えを伝え,散乱したイスラエルを集めるために旗を掲げることである(イザ11:12-132ニフ21:12-13)。エフライムの子らは,終わりの時に北の地から戻る人々に栄光を冠として授ける(教義133:26-34)。

エフライムまたはヨセフの木

エフライムの部族で,紀元前600年ごろにエルサレムからアメリカに導かれた民の記録。この民の記録は,エフライムまたはヨセフの木,すなわちモルモン書と呼ばれる。この木(モルモン書)とユダの木(聖書)は一つとなって,主イエス・キリストとその復活,またイスラエルの家のこれら二つの群れの中で主がなされた業をあかししている。