歴代志
    脚注
    Theme

    歴代志

    『旧約​聖書』の​中​の​2​書。天地​創造​から​始まり,クロス​が​布告​に​よって​ユダヤ人​の​エルサレム​帰還​を​許した​とき​に​至る​まで,数々​の​出来事​を​簡潔​に​記した​歴史​記録。

    歴代志上

    第 1-9章​には,アダム​から​サウル​に​至る​まで​の​系図​が​記されて​いる。第 10章​には​サウル​の​死,第 11-22章​には​ダビデ​の​統治​に​関連​する​出来事​が​記録​されて​いる。第 23-27章​には​ソロモン​の​王位​継承​と​レビ人​の​職務​編成,第 28章​には​ダビデ​が​ソロモン​に​与えた​神殿​建設​の​命令,第 29章​には​ダビデ​の​死​が​記録​されて​いる。

    歴代志下

    第 1-9章​には,ソロモン​の​統治​に​関連​する​出来事​が​記録​されて​いる。第 10-12章​には,イスラエル​統一​王国​が​南​王国​と​北​王国​に​分裂​した,ソロモン​の​息子​レハベアム​の​治世​に​ついて​記録​されて​いる。第 13-36章​には,ネブカデネザル​に​より​ユダ王国​が​征服​される​まで​の​様々​な​王​の​統治​が​記録​されて​いる。そして,とらわれ​の​状態​の​ユダ​の​子ら​に​エルサレム​帰還​を​許した​クロス​王​の​布告​で​締めくくられて​いる。