学習ヘルプ
モロナイ(モルモンの息子)
戻る 次へ

モロナイ(モルモンの息子)

『モルモン書』の中の人物。ニーファイ人の最後の預言者(紀元421年ごろ)。モルモンは死ぬ少し前に,モルモンの版という歴史記録を息子モロナイに渡し(モ言1:1),モロナイがそのモルモンの版の編さんを終えた。彼は,モルモン書に第8章と第9章を付け加え(モル8:1),エテル書を要約して版に加え(エテ1:1-2),さらにモロナイ書という自分自身の記録も付け加えた(モロ1章)。それから,版を封じて,クモラの丘に隠した(モル8:14モロ10:2)。1823年,モロナイはジョセフ・スミスに『モルモン書』を現すために,復活体をもって遣わされた(教義27:5ジ—歴史1:30-42,45)。モロナイは1823年から1827年にかけて,この若い預言者に毎年教えを授け(ジ—歴史1:54),そしてついに1827年,彼に版を渡したのである(ジ—歴史1:59)。ジョセフ・スミスは翻訳を終えた後,その版をモロナイに返した。

モロナイ書

『モルモン書』の中の最後の書。ニーファイ人の最後の預言者モロナイによって書かれた。第1-3章には,ニーファイ人の最終的な滅亡と,聖霊と神権の授与についての教えが書かれている。第4-5章には,せいさんの具体的な執行方法が書かれている。第6章には,教会で行われていたことが要約されている。第7-8章は,福音の第一の原則についての説教であり,信仰,希望,慈愛,また善悪の判断の方法に関するモルモンの教えも含まれている(モロ7章)。また幼い子供たちはキリストによって生きており,バプテスマは不要であるとのモルモンの説明も書かれている(モロ8章)。第9章には,ニーファイ人の民の堕落が描かれている。第10章は,モロナイの最後のメッセージであり,『モルモン書』が真実であることを知るための方法も書かれている(モロ10:3-5)。