告白
    脚注
    Theme

    告白

    聖典​は​この​言葉​を​少なくとも​二つ​の​意味​で​用いて​いる。一つ​は,イエス​が​キリスト​で​ある​こと​を​告白​する​と​いう​よう​に,何か​に​対する​自分​の​信仰​を​表明​する​場合​で​ある(マタ​10:32;​ロマ​10:9;​1ヨハ​4:1-3教義 88:104)。

    もう​一つ​は,罪​を​告白​する​場合​の​よう​に,自分​に​罪​が​ある​の​を​認める​こと​で​ある。人​は​皆,自分​の​罪​を​すべて​主​に​告白​して,その​ゆるし​を​得​なければ​ならない(教義 58:42-43)。場合​に​よって​は,自分​が​罪​を​犯した​相手​に​対して​告白​する​必要​が​ある。重大​な​罪​に​ついて​は,教会​の​役員​に(ほとんど​の​場合,ビショップ​に)告白​しなければ​ならない。