学習ヘルプ
ルカ
戻る 次へ


ルカ

『新約聖書』のルカによる福音書と使徒行伝の著者。パウロの伝道の同僚。ギリシャ人を両親として生まれ,医者であった(コロ4:14)。ルカはかなりの教育を受けた人物であった。彼自身の言葉によると,トロアスで使徒パウロと合流し,その同僚になったという(使徒16:10-11)。パウロのエルサレムへの最後の旅においても,ルカはピリピでパウロと行動を共にした(使徒20:6)。また二人は,ローマに着くまで一緒であった。ルカはまた,パウロのローマにおける2度目の投獄のときも一緒にいた(2テモ4:11)。言い伝えによると,彼は殉教したとのことである。

ルカによる福音書

ルカがイエス・キリストとその現世の働きについて書いた記録。使徒行伝は,ルカによる福音書の続編である。ルカは,イエスがユダヤ人にとっても異邦人にとっても救い主であることを述べ,イエスの働きについて詳細な記録を残した。ルカはイエスの教えと行いについて多くのことを書き記した。ルカによる福音書のみに記述が見られるものとして,以下のものが挙げられる。ザカリヤとマリヤへのガブリエルの訪れ(ルカ1章),幼な子イエスへの羊飼いの来訪(ルカ2:8-18),イエスが12歳のときの神殿での出来事(ルカ2:41-52),七十人の選任と派遣(KJルカ10:1-24),イエスが血の汗を流されたこと(ルカ22:44),十字架上でのイエスと犯罪人の会話(ルカ23:39-43),イエスが復活後に魚を食べられたこと(ルカ24:42-43)。

ルカによる福音書に述べられている救い主の生涯における出来事の一覧については,付録の「福音書対観表」を参照。