ルカによる福音書1
    脚注
    Theme

    ルカによる福音ふくいんしょ

    第1章

    1 わたしたちのあいだ成就じょうじゅされた出来事できごとを、最初さいしょからしたしく人々ひとびとであって、

    2 御言みことばつかえた人々ひとびとつたえたとおり物語ものがたりつらねようと、おおくのひとけましたが、

    3 テオピロ閣下かっかよ、わたしもすべてのことはじめからくわしく調しらべていますので、ここに、それを順序じゅんじょただしくきつづって、閣下かっかけんじることにしました。

    4 すでにおきになっていること確実かくじつであることを、これによって十分じゅうぶんっていただきたいためであります。

    5 ユダヤのおうヘロデのに、アビヤのくみ祭司さいしをザカリヤというものがいた。そのつまはアロンいえむすめのひとりで、をエリサベツといった。

    6 ふたりともかみのみまえにただしいひとであって、しゅいましめとさだめとを、みな落度おちどなくおこなっていた。

    7 ところが、エリサベツは不妊ふにんおんなであったため、かれらにはがなく、そしてふたりともすでに年老としおいていた。

    8 さてザカリヤは、そのくみ当番とうばんになりかみのみまえに祭司さいしつとめをしていたとき、

    9 祭司さいししょく慣例かんれいしたがってくじをいたところ、しゅ聖所せいじょにはいってこうをたくことになった。

    10 こうをたいているあいだおおくの民衆みんしゅうはみなそといのっていた。

    11 するとしゅ御使みつかいあらわれて、こうだんみぎった。

    12 ザカリヤはこれをて、おじまどい、恐怖きょうふねんおそわれた。

    13 そこで御使みつかいかれった、「おそれるな、ザカリヤよ、あなたのいのりきいれられたのだ。あなたのつまエリサベツはおとこむであろう。そのをヨハネとづけなさい。

    14 かれはあなたによろこびとたのしみとをもたらし、おおくの人々ひとびともその誕生たんじょうよろこぶであろう。

    15 かれしゅのみまえにおおいなるものとなり、ぶどうしゅつよさけをいっさいまず、はは胎内たいないにいるときからすでに聖霊せいれいたされており、

    16 そして、イスラエルのおおくのらを、しゅなるかれらのかみかえらせるであろう。

    17 かれはエリヤのれいちからとをもって、みまえに先立さきだってき、ちちこころけさせ、さからうもの義人ぎじんおもいをたせて、ととのえられたたみしゅそなえるであろう」。

    18 するとザカリヤは御使みつかいった、「どうしてそんなことが、わたしにわかるでしょうか。わたしは老人ろうじんですし、つまとしをとっています」。

    19 御使みつかいこたえてった、「わたしはかみのみまえにつガブリエルであって、このよろこばしいらせをあなたにかたつたえるために、つかわされたものである。

    20 ときれば成就じょうじゅするわたしの言葉ことばしんじなかったから、あなたはおしになり、このことおこまで、ものがえなくなる」。

    21 民衆みんしゅうはザカリヤをっていたので、かれ聖所せいじょうちひまどっているのを不思議ふしぎおもっていた。

    22 ついにかれてきたが、ものえなかったので、人々ひとびとかれ聖所せいじょうちでまぼろしをたのだとさとった。かれかれらに合図あいずをするだけで、きつづき、おしのままでいた。

    23 それからつとめ期日きじつおわったので、いえかえった。

    24 そののち、つまエリサベツはみごもり、五かげつのあいだきこもっていたが、

    25 しゅは、いまわたしをこころにかけてくださって、人々ひとびとあいだからわたしのはじのぞくために、こうしてくださいました」とった。

    26 六かげつに、御使みつかいガブリエルが、かみからつかわされて、ナザレというガリラヤのまちいち処女しょじょのもとにきた。

    27 この処女しょじょはダビデいえであるヨセフというひとのいいなづけになっていて、をマリヤといった。

    28 御使みつかいがマリヤのところにきてった、「めぐまれたおんなよ、おめでとう、しゅがあなたとともにおられます」。

    29 この言葉ことばにマリヤはひどく胸騒むなさわぎがして、このあいさつはなんのことであろうかと、おもいめぐらしていた。

    30 すると御使みつかいった、「おそれるな、マリヤよ、あなたはかみからめぐみをいただいているのです。

    31 よ、あなたはみごもっておとこむでしょう。そのをイエスとづけなさい。

    32 かれおおいなるものとなり、いとたかものと、となえられるでしょう。そして、しゅなるかみかれちちダビデの王座おうざをおあたえになり、

    33 かれはとこしえにヤコブのいえ支配しはいし、その支配しはいかぎりなくつづくでしょう」。

    34 そこでマリヤは御使みつかいった、「どうして、そんなことがありましょうか。わたしにはまだおっとがありませんのに」。

    35 御使みつかいこたえてった、「聖霊せいれいがあなたにのぞみ、いとたかものちからがあなたをおおうでしょう。それゆえに、うませいなるものであり、かみと、となえられるでしょう。

    36 あなたの親族しんぞくエリサベツも老年ろうねんながら宿やどしています。不妊ふにんおんなといわれていたのに、はや六かげつになっています。

    37 かみには、なんでもできないことはありません」。

    38 そこでマリヤがった、「わたしはしゅのはしためです。お言葉ことばどおりこのりますように」。そして御使みつかい彼女かのじょからはなれてった。

    39 そのころ、マリヤはって、大急おおいそぎで山里やまざとへむかいユダのまちき、

    40 ザカリヤのいえにはいってエリサベツにあいさつした。

    41 エリサベツがマリヤのあいさつをいたとき、その胎内たいないでおどった。エリサベツは聖霊せいれいたされ、

    42 こえたかさけんでった、「あなたはおんななか祝福しゅくふくされたかた、あなたのたい祝福しゅくふくされています。

    43 しゅ母上ははうえがわたしのところにきてくださるとは、なんという光栄こうえいでしょう。

    44 ごらんなさい。あなたのあいさつのこえがわたしのみみにはいったとき、子供こども胎内たいないよろこびおどりました。

    45 しゅのおかたりになったことがかなら成就じょうじゅするとしんじたおんなは、なんとさいわいなことでしょう」。

    46 するとマリヤはった、「わたしのたましいしゅをあがめ、

    47 わたしのれい救主すくいぬしなるかみをたたえます。

    48 このいやしいおんなをさえ、こころにかけてくださいました。いまからのち代々よよ人々ひとびとは、わたしをさいわいなおんなうでしょう、

    49 ちからあるかたが、わたしにおおきなことをしてくださったからです。そのみはきよく、

    50 そのあわれみは、代々よよかぎりなくしゅをかしこみおそれるものおよびます。

    51 しゅはみうでをもってちからをふるい、こころおもいのおごりたかぶるものらし、

    52 権力けんりょくあるもの王座おうざからきおろし、いやしいものげ、

    53 えているものいものでかせ、んでいるもの空腹くうふくのままかえらせなさいます。

    54 しゅは、あわれみをおわすれにならず、そのしもべイスラエルをたすけてくださいました、

    55 わたしたちの父祖ふそアブラハムとその子孫しそんとをとこしえにあわれむと約束やくそくなさったとおりに」。

    56 マリヤは、エリサベツのところに三かげつほど滞在たいざいしてから、いえかえった。

    57 さてエリサベツはつきちて、おとこんだ。

    58 近所きんじょ人々ひとびと親族しんぞくは、しゅおおきなあわれみを彼女かのじょにおかけになったことをいて、ともどもによろこんだ。

    59 日目かめになったので、おさ割礼かつれいをするために人々ひとびとがきて、ちちにちなんでザカリヤというにしようとした。

    60 ところが、母親ははおやは、「いいえ、ヨハネというにしなくてはいけません」とった。

    61 人々ひとびとは、「あなたの親族しんぞくなかには、そういうのついたものは、ひとりもいません」と彼女かのじょった。

    62 そして父親ちちおやに、どんなにしたいのですかと、合図あいずたずねた。

    63 ザカリヤはかきいたってこさせて、それに「そのはヨハネ」といたので、みんなのもの不思議ふしぎおもった。

    64 すると、ちどころにザカリヤのくちひらけてしたがゆるみ、かたしてかみをほめたたえた。

    65 近所きんじょ人々ひとびとはみなおそれをいだき、またユダヤの山里やまざといたるところに、これらのことがことごとくかたつたえられたので、

    66 ものたちはみなそれをこころめて、「このは、いったい、どんなものになるだろう」とかたった。しゅのみかれともにあった。

    67 ちちザカリヤは聖霊せいれいたされ、預言よげんしてった、

    68 しゅなるイスラエルのかみは、ほむべきかな。かみはそのたみかえりみてこれをあがない、

    69 わたしたちのためにすくいつのしもべダビデのいえにおてになった。

    70 ふるくから、せいなる預言者よげんしゃたちのくちによっておかたりになったように、

    71 わたしたちをてきから、またすべてわたしたちをにくものから、すくすためである。

    72 こうして、かみはわたしたちの父祖ふそたちにあわれみをかけ、そのせいなる契約けいやく

    73 すなわち、父祖ふそアブラハムにおてになったちかいをおぼえて、

    74 わたしたちをてきからすくし、

    75 きているかぎり、きよくただしく、みまえにおそれなくつかえさせてくださるのである。

    76 おさよ、あなたは、いとたかもの預言者よげんしゃばれるであろう。しゅのみまえに先立さきだってき、そのみちそなえ、

    77 つみのゆるしによるすくいをそのたみらせるのであるから。

    78 これはわたしたちのかみのあわれみふかいみこころによる。また、そのあわれみによって、ひかりうえからわたしたちにのぞみ、

    79 暗黒あんこくかげとにものてらし、わたしたちのあし平和へいわみちみちびくであろう」。

    80 おさ成長せいちょうし、そのれいつよくなり、そしてイスラエルにあらわれるまで、荒野あらのにいた。