ルカによる福音書15
    脚注
    Theme

    第15章

    1 さて、取税人しゅぜいにん罪人つみびとたちがみな、イエスのはなしこうとして近寄ちかよってきた。

    2 するとパリサイびと律法りっぽう学者がくしゃたちがつぶやいて、「このひと罪人つみびとたちをむかえて一緒いっしょ食事しょくじをしている」とった。

    3 そこでイエスはかれらに、このたとえをおはなしになった、

    4 「あなたがたのうちに、百ぴきひつじっているものがいたとする。その一ぴきがいなくなったら、九十九ひき野原のはらのこしておいて、いなくなった一ぴきつけるまではさがあるかないであろうか。

    5 そしてつけたら、よろこんでそれを自分じぶんかたせ、

    6 いえかえってきて友人ゆうじんとなびとあつめ、『わたしと一緒いっしょよろこんでください。いなくなったひつじつけましたから』とうであろう。

    7 よくきなさい。それとおなじように、罪人つみびとがひとりでもあらためるなら、悔改くいあらためを必要ひつようとしない九十九にんただしいひとのためにもまさるおおきいよろこびが、てんにあるであろう。

    8 また、あるおんな銀貨ぎんかまいっていて、もしその一まいをなくしたとすれば、彼女かのじょはあかりをつけて家中いえじゅうき、それをつけるまでは注意深ちゅういぶかさがさないであろうか。

    9 そして、つけたなら、おんなともだちや近所きんじょおんなたちをあつめて、『わたしと一緒いっしょよろこんでください。なくした銀貨ぎんかつかりましたから』とうであろう。

    10 よくきなさい。それとおなじように、罪人つみびとがひとりでもあらためるなら、かみ御使みつかいたちのまえでよろこびがあるであろう」。

    11 またわれた、「あるひとに、ふたりのむすこがあった。

    12 ところが、おとうと父親ちちおやった、『ちちよ、あなたの財産ざいさんのうちでわたしがいただくぶんをください』。そこで、ちちはその身代しんだいをふたりにけてやった。

    13 それから幾日いくにちもたたないうちに、おとうと自分じぶんのものを全部ぜんぶとりまとめてとおところき、そこで放蕩ほうとうちくずして財産ざいさん使つかはたした。

    14 なにもかも浪費ろうひしてしまったのち、その地方ちほうにひどいききんがあったので、かれべることにもきゅうしはじめた。

    15 そこで、その地方ちほうのある住民じゅうみんのところにってせたところが、そのひとかれはたけにやってぶたわせた。

    16 かれは、ぶたべるいなごまめはらたしたいとおもうほどであったが、なにもくれるひとはなかった。

    17 そこでかれ本心ほんしんちかえってった、『ちちのところには食物しょくもつのありあまっている雇人やといにんおおぜいいるのに、わたしはここでえてのうとしている。

    18 って、ちちのところへかえって、こうおう、ちちよ、わたしはてんたいしても、あなたにむかっても、つみおかしました。

    19 もう、あなたのむすことばれる資格しかくはありません。どうぞ、雇人やといにんのひとり同様どうようにしてください』。

    20 そこでって、ちちのところへかけた。まだとおはなれていたのに、ちちかれをみとめ、あわれにおもってはしり、そのくびをだいて接吻せっぷんした。

    21 むすこはちちった、『ちちよ、わたしはてんたいしても、あなたにむかっても、つみおかしました。もうあなたのむすことばれる資格しかくはありません』。

    22 しかしちちしもべたちにいつけた、『さあ、はやく、最上さいじょう着物きものしてきてこのせ、指輪ゆびわにはめ、はきものをあしにはかせなさい。

    23 また、えたうしいてきてほふりなさい。べてたのしもうではないか。

    24 このむすこがんでいたのにかえり、いなくなっていたのにつかったのだから』。それから祝宴しゅくえんがはじまった。

    25 ところが、あにはたけにいたが、かえってきていえちかづくと、音楽おんがくおどりのおときこえたので、

    26 ひとりのしもべんで、『いったい、これは何事なにごとなのか』とたずねた。

    27 しもべこたえた、『あなたのご兄弟きょうだいがおかえりになりました。無事ぶじむかえたというので、父上ちちうええたうしをほふらせなさったのです』。

    28 あにはおこっていえにはいろうとしなかったので、ちちてきてなだめると、

    29 あにちちにむかってった、『わたしはなんねんもあなたにつかえて、一でもあなたのいつけにそむいたことはなかったのに、ともだちとたのしむためにやぎ一ぴきくださったことはありません。

    30 それだのに、遊女ゆうじょどもと一緒いっしょになって、あなたの身代しんだいいつぶしたこのあなたのかえってくると、そのためにえたうしをほふりなさいました』。

    31 するとちちった、『よ、あなたはいつもわたしと一緒いっしょにいるし、またわたしのものは全部ぜんぶあなたのものだ。

    32 しかし、このあなたのおとうとは、んでいたのにかえり、いなくなっていたのにつかったのだから、よろこいわうのはあたりまえである』」。