聖典
ルカによる福音書10

第10章

1 そののちしゅべつに七十二にんえらび、こうとしておられたすべてのまちむらへ、ふたりずつさきにおつかわしになった。

2 そのとき、かれらにわれた、「収穫しゅうかくおおいが、はたらびとすくない。だから、収穫しゅうかくしゅねがって、その収穫しゅうかくのためにはたらびとおくすようにしてもらいなさい。

3 さあ、きなさい。わたしがあなたがたをつかわすのは、小羊こひつじをおおかみのなかおくるようなものである。

4 財布さいふふくろもくつもってくな。だれにもみちであいさつするな。

5 どこかのいえにはいったら、まず『平安へいあんがこのいえにあるように』といなさい。

6 もし平安へいあんがそこにおれば、あなたがたのいの平安へいあんはそのひとうえにとどまるであろう。もしそうでなかったら、それはあなたがたのうえかえってるであろう。

7 それで、そのおないえとどまっていて、いえひとしてくれるものをいしなさい。はたらびとがそのむくいをるのは当然とうぜんである。いえからいえへとわたあるくな。

8 どのまちへはいっても、人々ひとびとがあなたがたをむかえてくれるなら、まえされるものをべなさい。

9 そして、そのまちにいる病人びょうにんをいやしてやり、『かみくにはあなたがたにちかづいた』といなさい。

10 しかし、どのまちへはいっても、人々ひとびとがあなたがたをむかえない場合ばあいには、大通おおどおりにっていなさい、

11 『わたしたちのあしについているこのまちのちりも、ぬぐいててく。しかし、かみくにちかづいたことは、承知しょうちしているがよい』。

12 あなたがたにっておく。そのには、このまちよりもソドムのほうえやすいであろう。

13 わざわいだ、コラジンよ。わざわいだ、ベツサイダよ。おまえたちのなかでなされたちからあるわざが、もしツロとシドンでなされたなら、かれらはとうのむかしに、荒布あらぬのをまといはいなかにすわって、あらためたであろう。

14 しかし、さばきのには、ツロとシドンのほうがおまえたちよりも、えやすいであろう。

15 ああ、カペナウムよ、おまえはてんにまでげられようとでもいうのか。黄泉よみにまでおとされるであろう。

16 あなたがたにしたがものは、わたしにしたがうのであり、あなたがたをこばものは、わたしをこばむのである。そしてわたしをこばものは、わたしをおつかわしになったかたをこばむのである」。

17 七十二にんよろこんでかえってきてった、「しゅよ、あなたのによっていたしますと、悪霊あくれいまでがわたしたちに服従ふくじゅうします」。

18 かれらにわれた、「わたしはサタンが電光でんこうのようにてんからちるのをた。

19 わたしはあなたがたに、へびやさそりをみつけ、てきのあらゆるちから権威けんいさづけた。だから、あなたがたにがいをおよぼすものはまったくいであろう。

20 しかし、れいがあなたがたに服従ふくじゅうすることをよろこぶな。むしろ、あなたがたのてんにしるされていることをよろこびなさい」。

21 そのとき、イエスは聖霊せいれいによってよろこびあふれてわれた、「天地てんちしゅなるちちよ。あなたをほめたたえます。これらのこと知恵ちえのあるものかしこものかくして、おさにあらわしてくださいました。ちちよ、これはまことに、みこころにかなったことでした。

22 すべてのことちちからわたしにまかせられています。そして、がだれであるかは、ちちのほかっているものはありません。またちちがだれであるかは、と、ちちをあらわそうとしてえらんだものとのほか、だれもっているものはいません」。

23 それから弟子でしたちのほうりむいて、ひそかにわれた、「あなたがたがていることをは、さいわいである。

24 あなたがたにっておく。おおくの預言者よげんしゃおうたちも、あなたがたのていることをようとしたが、ることができず、あなたがたのいていることをこうとしたが、けなかったのである」。

25 するとそこへ、ある律法りっぽう学者がくしゃあらわれ、イエスをこころみようとしてった、「先生せんせいなにをしたら永遠えいえん生命せいめいけられましょうか」。

26 かれわれた、「律法りっぽうにはなんといてあるか。あなたはどうむか」。

27 かれこたえてった、「『こころをつくし、精神せいしんをつくし、ちからをつくし、おもいをつくして、しゅなるあなたのかみあいせよ』。また、『自分じぶんあいするように、あなたのとなびとあいせよ』とあります」。

28 かれわれた、「あなたのこたえただしい。そのとおりおこないなさい。そうすれば、いのちがられる」。

29 するとかれ自分じぶん立場たちば弁護べんごしようとおもって、イエスにった、「では、わたしのとなびととはだれのことですか」。

30 イエスがこたえてわれた、「あるひとがエルサレムからエリコにくだって途中とちゅう強盗ごうとうどもがかれおそい、その着物きものをはぎり、きずわせ、半殺はんごろしにしたまま、った。

31 するとたまたま、ひとりの祭司さいしがそのみちくだってきたが、このひとると、こうがわとおってった。

32 同様どうように、レビひともこの場所ばしょにさしかかってきたが、かれるとこうがわとおってった。

33 ところが、あるサマリヤびとたびをしてこのひとのところをとおりかかり、かれどくおもい、

34 近寄ちかよってきてそのきずにオリブとぶどうしゅとをそそいでほうたいをしてやり、自分じぶん家畜かちくせ、宿屋やどやれてって介抱かいほうした。

35 翌日よくじつ、デナリ二つをして宿屋やどや主人しゅじん手渡てわたし、『このひとてやってください。費用ひようがよけいにかかったら、かえりがけに、わたしが支払しはらいます』とった。

36 この三にんのうち、だれが強盗ごうとうおそわれたひととなびとになったとおもうか」。

37 かれった、「そのひと慈悲じひぶかおこないをしたひとです」。そこでイエスはわれた、「あなたもっておなじようにしなさい」。

38 一同いちどうたびつづけているうちに、イエスがあるむらへはいられた。するとマルタというおんながイエスをいえむかれた。

39 このおんなにマリヤといういもうとがいたが、しゅあしもとにすわって、御言みことばっていた。

40 ところが、マルタは接待せったいのことでいそがしくてこころをとりみだし、イエスのところにきてった、「しゅよ、いもうとがわたしだけに接待せったいをさせているのを、なんともおおもいになりませんか。わたしの手伝てつだいをするようにいもうとにおっしゃってください」。

41 しゅこたえてわれた、「マルタよ、マルタよ、あなたはおおくのことにこころくばっておもいわずらっている。

42 しかし、くてならぬものはおおくはない。いや、一つだけである。マリヤはそのほうえらんだのだ。そしてそれは、彼女かのじょからってはならないものである」。