ルカによる福音書11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 また、イエスはあるところいのっておられたが、それがおわったとき、弟子でしのひとりがった、「しゅよ、ヨハネがその弟子でしたちにおしえたように、わたしたちにもいのることをおしえてください」。

    2 そこでかれらにわれた、「いのるときには、こういなさい、『ちちよ、御名みながあがめられますように。御国みくにがきますように。

    3 わたしたちのごとの食物しょくもつを、日々ひびあたえください。

    4 わたしたちに負債ふさいのあるものみなゆるしますから、わたしたちのつみをもおゆるしください。わたしたちをこころみにわせないでください』」。

    5 そしてかれらにわれた、「あなたがたのうちのだれかに、友人ゆうじんがあるとして、そのひとのところへ真夜中まよなかき、『ともよ、パンを三つしてください。

    6 ともだちが旅先たびさきからわたしのところにいたのですが、なにすものがありませんから』とった場合ばあい

    7 かれうちから、『面倒めんどうをかけないでくれ。もうめてしまったし、子供こどもたちもわたしと一緒いっしょとこにはいっているので、いまきてなにもあげるわけにはいかない』とうであろう。

    8 しかし、よくきなさい、友人ゆうじんだからというのではきてあたえないが、しきりにねがうので、がって必要ひつようなものをしてくれるであろう。

    9 そこでわたしはあなたがたにう。もとめよ、そうすれば、あたえられるであろう。さがせ、そうすればいだすであろう。もんをたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。

    10 すべてもとめるものさがものいだし、もんをたたくものはあけてもらえるからである。

    11 あなたがたのうちで、ちちであるものは、そのうおもとめるのに、うおかわりにへびをあたえるだろうか。

    12 たまごもとめるのに、さそりをあたえるだろうか。

    13 このように、あなたがたはわるものであっても、自分じぶん子供こどもには、おくものをすることをっているとすれば、てんちちはなおさら、もとめてもの聖霊せいれいくださらないことがあろうか」。

    14 さて、イエスが悪霊あくれいしておられた。それは、おしのれいであった。悪霊あくれいくと、おしがものうようになったので、群衆ぐんしゅう不思議ふしぎおもった。

    15 そのなかのある人々ひとびとが、「かれ悪霊あくれいのかしらベルゼブルによって、悪霊あくれいどもをしているのだ」とい、

    16 またほかの人々ひとびとは、イエスをこころみようとして、てんからのしるしをもとめた。

    17 しかしイエスは、かれらのおもいを見抜みぬいてわれた、「おおよそくに内部ないぶ分裂ぶんれつすれば自滅じめつしてしまい、またいえわかあらそえばたおれてしまう。

    18 そこでサタンも内部ないぶ分裂ぶんれつすれば、そのくにはどうしてけよう。あなたがたはわたしがベルゼブルによって悪霊あくれいしているとうが、

    19 もしわたしがベルゼブルによって悪霊あくれいすとすれば、あなたがたの仲間なかまはだれによってすのであろうか。だから、かれらがあなたがたをさばくものとなるであろう。

    20 しかし、わたしがかみゆびによって悪霊あくれいしているのなら、かみくにはすでにあなたがたのところにきたのである。

    21 つよひと十分じゅうぶん武装ぶそうして自分じぶん邸宅ていたくまもっているかぎり、そのもの安全あんぜんである。

    22 しかし、もっとつよものおそってきてかれてば、そのたのみにしていた武具ぶぐうばって、その分捕ぶんどりひんけるのである。

    23 わたしの味方みかたでないものは、わたしに反対はんたいするものであり、わたしとともあつめないものは、らすものである。

    24 けがれたれいひとからると、やすもとめてみずところあるきまわるが、つからないので、てきたもといえかえろうとって、

    25 かえってると、そのいえはそうじがしてあるうえかざりつけがしてあった。

    26 そこでまたって、自分じぶん以上いじょうわるの七つのれいれてきてなかにはいり、そこにむ。そうすると、そのひとのち状態じょうたいはじめよりももっとわるくなるのである」。

    27 イエスがこうはなしておられるとき、群衆ぐんしゅうなかからひとりのおんなこえりあげてった、「あなたを宿やどしたたい、あなたがわれた乳房ちぶさは、なんとめぐまれていることでしょう」。

    28 しかしイエスはわれた、「いや、めぐまれているのは、むしろ、かみことばいてそれをまもひとたちである」。

    29 さて群衆ぐんしゅうむらがりあつまったので、イエスはかたされた、「この時代じだい邪悪じゃあく時代じだいである。それはしるしをもとめるが、ヨナのしるしのほかには、なんのしるしもあたえられないであろう。

    30 というのは、ニネベの人々ひとびとたいしてヨナがしるしとなったように、ひともこの時代じだいたいしてしるしとなるであろう。

    31 みなみ女王じょおうが、いま時代じだい人々ひとびとともにさばきのって、かれらをつみさだめるであろう。なぜなら、彼女かのじょはソロモンの知恵ちえくために、はてからはるばるきたからである。しかしよ、ソロモンにまさるものがここにいる。

    32 ニネベの人々ひとびとが、いま時代じだい人々ひとびとともにさばきのって、かれらをつみさだめるであろう。なぜなら、ニネベの人々ひとびとはヨナの宣教せんきょうによってあらためたからである。しかしよ、ヨナにまさるものがここにいる。

    33 だれもあかりをともして、それを穴倉あなぐらなかますしたくことはしない。むしろはいってひとたちに、そのあかりがえるように、燭台しょくだいうえにおく。

    34 あなたのは、からだのあかりである。あなたのんでおれば、全身ぜんしんあかるいが、がわるければ、からだもくらい。

    35 だから、あなたのうちなるひかりくらくならないように注意ちゅういしなさい。

    36 もし、あなたのからだ全体ぜんたいあかるくて、くら部分ぶぶんすこしもなければ、ちょうど、あかりがかがやいてあなたをてらときのように、全身ぜんしんあかるくなるであろう」。

    37 イエスがかたっておられたとき、あるパリサイびとが、自分じぶんいえ食事しょくじをしていただきたいともうたので、はいって食卓しょくたくにつかれた。

    38 ところが、食前しょくぜんにまずあらうことをなさらなかったのをて、そのパリサイびと不思議ふしぎおもった。

    39 そこでしゅかれわれた、「いったい、あなたがたパリサイびとは、さかずきぼん外側そとがわをきよめるが、あなたがたの内側うちがわ貪欲どんよく邪悪じゃあくとでちている。

    40 おろかなものたちよ、外側そとがわつくったかたは、また内側うちがわつくられたではないか。

    41 ただ、内側うちがわにあるものをきよめなさい。そうすれば、いっさいがあなたがたにとって、きよいものとなる。

    42 しかし、あなたほうパリサイびとは、わざわいである。はっか、うんこう、あらゆる野菜やさいなどの十ぶんの一をみやおさめておりながら、かみたいするあいとをなおざりにしている。それもなおざりにはできないが、これはおこなわねばならない。

    43 あなたがたパリサイびとは、わざわいである。会堂かいどう上席じょうせき広場ひろばでの敬礼けいれいこのんでいる。

    44 あなたがたは、わざわいである。人目ひとめにつかないはかのようなものである。そのうえあるいても人々ひとびとづかないでいる」。

    45 ひとりの律法りっぽう学者がくしゃがイエスにこたえてった、「先生せんせい、そんなことをわれるのは、わたしたちまでも侮辱ぶじょくすることです」。

    46 そこでわれた、「あなたがた律法りっぽう学者がくしゃも、わざわいである。れない重荷おもにひとわせながら、自分じぶんではそのゆびぽんでもれようとしない。

    47 あなたがたは、わざわいである。預言者よげんしゃたちのてるが、しかしかれらをころしたのは、あなたがたの先祖せんぞであったのだ。

    48 だから、あなたがたは、自分じぶん先祖せんぞのしわざに同意どういする証人しょうにんなのだ。先祖せんぞかれらをころし、あなたがたがそのてるのだから。

    49 それゆえに、『かみ知恵ちえ』もっている、『わたしは預言者よげんしゃ使徒しととをかれらにつかわすが、かれらはそのうちのあるものころしたり、迫害はくがいしたりするであろう』。

    50 それで、アベルのから祭壇さいだん神殿しんでんとのあいだころされたザカリヤのいたるまで、はじめからながされてきたすべての預言者よげんしゃについて、この時代じだいがその責任せきにんわれる。

    51 そうだ、あなたがたにっておく、この時代じだいがその責任せきにんわれるであろう。

    52 あなたがた律法りっぽう学者がくしゃは、わざわいである。知識ちしきのかぎをりあげて、自分じぶんがはいらないばかりか、はいろうとするひとたちをさまたげてきた」。

    53 イエスがそこをかれると、律法りっぽう学者がくしゃやパリサイびとは、はげしくり、いろいろなこといかけて、

    54 イエスのくちからなにいがかりをようと、ねらいはじめた。