ルカによる福音書19
    脚注
    Theme

    第19章

    1 さて、イエスはエリコにはいって、そのまちをおとおりになった。

    2 ところが、そこにザアカイというひとがいた。このひと取税人しゅぜいにんのかしらで、金持かねもちであった。

    3 かれは、イエスがどんなひとたいとおもっていたが、ひくかったので、群衆ぐんしゅうにさえぎられてることができなかった。

    4 それでイエスをるために、まえほうはしってって、いちじくくわのぼった。そこをとおられるところだったからである。

    5 イエスは、その場所ばしょにこられたとき、うえあげてわれた、「ザアカイよ、いそいでくだりてきなさい。きょう、あなたのいえまることにしているから」。

    6 そこでザアカイはいそいでおりてきて、よろこんでイエスをむかれた。

    7 人々ひとびとはみな、これをてつぶやき、「かれ罪人つみびといえにはいってきゃくとなった」とった。

    8 ザアカイはってしゅった、「しゅよ、わたしはちかって自分じぶん財産ざいさん半分はんぶん貧民ひんみんほどこします。また、もしだれかから不正ふせい取立とりたてをしていましたら、それを四ばいにしてかえします」。

    9 イエスはかれわれた、「きょう、すくいがこのいえにきた。このひともアブラハムのなのだから。

    10 ひとがきたのは、うしなわれたものをたずしてすくうためである」。

    11 人々ひとびとがこれらの言葉ことばいているときに、イエスはなお一つのたとえをおはなしになった。それはエルサレムにちかづいてこられたし、また人々ひとびとかみくにはたちまちあらわれるとおもっていたためである。

    12 それでわれた、「ある身分みぶんたかひとが、王位おういけてかえってくるためにとおところ旅立たびだつことになった。

    13 そこで十にんしもべび十ミナをわたしてった、『わたしがかえってるまで、これで商売しょうばいをしなさい』。

    14 ところが、本国ほんごく住民じゅうみんかれにくんでいたので、あとから使者ししゃをおくって、『このひとおうになるのをわれわれはのぞんでいない』とわせた。

    15 さて、かれ王位おういけてかえってきたとき、だれがどんなもうけをしたかをろうとして、かねわたしておいたしもべたちをんでこさせた。

    16 最初さいしょものすすった、『ご主人様しゅじんさま、あなたの一ミナで十ミナをもうけました』。

    17 主人しゅじんった、『よいしもべよ、うまくやった。あなたはちいさいこと忠実ちゅうじつであったから、十のまち支配しはいさせる』。

    18 つぎものがきてった、『ご主人様しゅじんさま、あなたの一ミナで五ミナをつくりました』。

    19 そこでこのものにも、『では、あなたは五つのまちのかしらになれ』とった。

    20 それから、もうひとりのものがきてった、『ご主人様しゅじんさま、さあ、ここにあなたの一ミナがあります。わたしはそれをふくさにつつんで、しまっておきました。

    21 あなたはきびしいほうで、おあずけにならなかったものをりたて、おまきにならなかったものをひとなので、おそろしかったのです』。

    22 かれった、『わるしもべよ、わたしはあなたのったその言葉ことばであなたをさばこう。わたしがきびしくて、あずけなかったものをりたて、まかなかったものを人間にんげんだと、っているのか。

    23 では、なぜわたしのかね銀行ぎんこうれなかったのか。そうすれば、わたしがかえってきたとき、そのかね利子りし一緒いっしょしたであろうに』。

    24 そして、そばにっていた人々ひとびとに、『その一ミナをかれからげて、十ミナをっているものあたえなさい』とった。

    25 かれらはった、『ご主人様しゅじんさま、あのひとすでに十ミナをっています』。

    26 『あなたがたにうが、おおよそっているひとには、なおあたえられ、っていないひとからは、っているものまでもげられるであろう。

    27 しかしわたしがおうになることをこのまなかったあのてきどもを、ここにひっぱってきて、わたしのまえころせ』」。

    28 イエスはこれらのことをったのち、先頭せんとうち、エルサレムへのぼってかれた。

    29 そしてオリブというやま沿ったベテパゲとベタニヤにちかづかれたとき、ふたりの弟子でしをつかわしてわれた、

    30 こうのむらきなさい。そこにはいったら、まだだれもったことのないろばのがつないであるのをるであろう。それをいて、いてきなさい。

    31 もしだれかが『なぜくのか』とうたら、『しゅがおようなのです』と、そういなさい」。

    32 そこで、つかわされたものたちがってると、はたして、われたとおりであった。

    33 かれらが、そのろばのいていると、そのぬしたちが、「なぜろばのくのか」とったので、

    34 しゅがおようなのです」とこたえた。

    35 そしてそれをイエスのところにいてきて、そのろばのうえ自分じぶんたちの上着うわぎをかけてイエスをおせした。

    36 そしてすすんでかれると、人々ひとびと自分じぶんたちの上着うわぎみちいた。

    37 いよいよオリブやまくだみちあたりにちかづかれると、おおぜいの弟子でしたちはみなよろこんで、かれらがたすべてのちからあるみわざについて、こえたからかにかみをさんびしていはじめた、

    38 しゅ御名みなによってきたるおうに、祝福しゅくふくあれ。てんには平和へいわ、いとたかきところには栄光えいこうあれ」。

    39 ところが、群衆ぐんしゅうなかにいたあるパリサイびとたちがイエスにった、「先生せんせい、あなたの弟子でしたちをおしかりください」。

    40 こたえてわれた、「あなたがたにうが、もしこのひとたちがだまれば、いしさけぶであろう」。

    41 いよいよみやこちかくにきて、それがえたとき、そのためにいてわれた、

    42 「もしおまえも、このに、平和へいわをもたらすみちってさえいたら……しかし、それはいまおまえのかくされている。

    43 いつかは、てき周囲しゅういるいきずき、おまえをりかこんで、四方しほうからせまり、

    44 おまえとそのうちにいるらとをたおし、城内じょうないの一つのいしいしうえのこしてかないるであろう。それは、おまえがかみのおとずれのときらないでいたからである」。

    45 それからみやにはいり、商売人しょうばいにんたちをしはじめて、

    46 かれらにわれた、「『わがいのりいえであるべきだ』といてあるのに、あなたがたはそれを盗賊とうぞくにしてしまった」。

    47 イエスは毎日まいにちみやおしえておられた。祭司長さいしちょう律法りっぽう学者がくしゃまた民衆みんしゅう重立おもだったものたちはイエスをころそうとおもっていたが、

    48 民衆みんしゅうがみな熱心ねっしんにイエスにみみかたむけていたので、のくだしようがなかった。