ルカによる福音書17
    脚注
    Theme

    第17章

    1 イエスは弟子でしたちにわれた、「つみ誘惑ゆうわくることはけられない。しかし、それをきたらせるものは、わざわいである。

    2 これらのちいさいもののひとりをつみ誘惑ゆうわくするよりは、むしろ、ひきうすをくびにかけられてうみれられたほうが、ましである。

    3 あなたがたは、自分じぶん注意ちゅういしていなさい。もしあなたの兄弟きょうだいつみおかすなら、かれをいさめなさい。そしてあらためたら、ゆるしてやりなさい。

    4 もしあなたにたいして一にちに七つみおかし、そして七あらためます』とってあなたのところへかえってくれば、ゆるしてやるがよい」。

    5 使徒しとたちはしゅに「わたしたちの信仰しんこうしてください」とった。

    6 そこでしゅわれた、「もし、からしだねつぶほどの信仰しんこうがあるなら、このくわに、『してうみわれ』とったとしても、その言葉ことばどおりになるであろう。

    7 あなたがたのうちのだれかに、耕作こうさく牧畜ぼくちくかをするしもべがあるとする。そのしもべはたけからかえってたとき、かれに『すぐきて、食卓しょくたくにつきなさい』とうだろうか。

    8 かえって、『夕食ゆうしょく用意よういをしてくれ。そしてわたしがいをするあいだ、おびをしめて給仕きゅうじをしなさい。そのあとで、いをするがよい』と、うではないか。

    9 しもべめいじられたことをしたからといって、主人しゅじんかれ感謝かんしゃするだろうか。

    10 同様どうようにあなたがたも、めいじられたことをみなしてしまったとき、『わたしたちはふつつかなしもべです。すべきことをしたにぎません』といなさい」。

    11 イエスはエルサレムへかれるとき、サマリヤとガリラヤとのあいだとおられた。

    12 そして、あるむらにはいられると、十にんのらい病人びょうにん出会であわれたが、かれらはとおくのほうちとどまり、

    13 こえりあげて、「イエスさま、わたしたちをあわれんでください」とった。

    14 イエスはかれらをごらんになって、「祭司さいしたちのところにって、からだをせなさい」とわれた。そして、途中とちゅうかれらはきよめられた。

    15 そのうちのひとりは、自分じぶんがいやされたことをり、大声おおごえかみをほめたたえながらかえってきて、

    16 イエスのあしもとにひれして感謝かんしゃした。これはサマリヤびとであった。

    17 イエスはかれにむかってわれた、「きよめられたのは、十にんではなかったか。ほかの九にんは、どこにいるのか。

    18 かみをほめたたえるためにかえってきたものは、この他国たこくじんのほかにはいないのか」。

    19 それから、そのひとわれた、「ってきなさい。あなたの信仰しんこうがあなたをすくったのだ」。

    20 かみくにはいつるのかと、パリサイびとたずねたので、イエスはこたえてわれた、「かみくには、られるかたちでるものではない。

    21 また『よ、ここにある』『あそこにある』などともえない。かみくには、じつにあなたがたのただなかにあるのだ」。

    22 それから弟子でしたちにわれた、「あなたがたは、ひとを一にちでもたいとねがってもることができないときるであろう。

    23 人々ひとびとはあなたがたに、『よ、あそこに』『よ、ここに』とうだろう。しかし、そちらへくな、かれらのあとをうな。

    24 いなずまがてんはしからひかりてんはしへとひらめきわたるように、ひともそのにはおなじようであるだろう。

    25 しかし、かれはまずおおくのくるしみをけ、またこの時代じだい人々ひとびとてられねばならない。

    26 そして、ノアのときにあったように、ひとときにも同様どうようなことがおこるであろう。

    27 ノアが箱舟はこぶねにはいるまで、人々ひとびとい、み、めとり、とつぎなどしていたが、そこへ洪水こうずいおそってきて、かれらをことごとくほろぼした。

    28 ロトのときにもおなじようなことがおこった。人々ひとびとい、み、い、り、え、てなどしていたが、

    29 ロトがソドムからったに、てんから硫黄いおうとがってきて、かれらをことごとくほろぼした。

    30 ひとあらわれるも、ちょうどそれと同様どうようであろう。

    31 そのには、屋上おくじょうにいるものは、自分じぶんものいえなかにあっても、りにおりるな。はたけにいるものおなじように、あとへもどるな。

    32 ロトのつまのことをおもしなさい。

    33 自分じぶんいのちすくおうとするものは、それをうしない、それをうしなうものは、たもつのである。

    34 あなたがたにっておく。その、ふたりのおとこが一つ寝床ねどこにいるならば、ひとりはられ、のひとりはのこされるであろう。

    35 ふたりのおんな一緒いっしょにうすをひいているならば、ひとりはられ、のひとりはのこされるであろう。

    36 ふたりのおとこはたけにおれば、ひとりはられ、のひとりはのこされるであろう〕」。

    37 弟子でしたちは「しゅよ、それはどこであるのですか」とたずねた。するとイエスはわれた、「死体したいのあるところには、またはげたかがあつまるものである」。