ルカによる福音書16
    脚注
    Theme

    第16章

    1 イエスはまた、弟子でしたちにわれた、「ある金持かねもちのところにひとりの家令かれいがいたが、かれ主人しゅじん財産ざいさん浪費ろうひしていると、ぐちをするものがあった。

    2 そこで主人しゅじんかれんでった、『あなたについていていることがあるが、あれはどうなのか。あなたの会計かいけい報告ほうこくしなさい。もう家令かれいをさせてくわけにはいかないから』。

    3 この家令かれいこころなかおもった、『どうしようか。主人しゅじんがわたしのしょくげようとしている。つちるにはちからがないし、ものごいするのはずかしい。

    4 そうだ、わかった。こうしておけば、しょくをやめさせられる場合ばあい人々ひとびとがわたしをそのいえむかえてくれるだろう』。

    5 それからかれは、主人しゅじん負債ふさいしゃをひとりびとりして、はじめのひとに、『あなたは、わたしの主人しゅじんにどれだけ負債ふさいがありますか』とたずねた。

    6 あぶらたるです』とこたえた。そこで家令かれいった、『ここにあなたの証書しょうしょがある。すぐそこにすわって、五十たるえなさい』。

    7 つぎに、もうひとりに、『あなたの負債ふさいはどれだけですか』とたずねると、『むぎこくです』とこたえた。これにたいして、『ここに、あなたの証書しょうしょがあるが、八十こくえなさい』とった。

    8 ところが主人しゅじんは、この不正ふせい家令かれい利口りこうなやりほうをほめた。このらはその時代じだいたいしては、ひかりらよりも利口りこうである。

    9 またあなたがたにうが、不正ふせいとみもちいてでも、自分じぶんのためにともだちをつくるがよい。そうすれば、とみくなった場合ばあい、あなたがたを永遠えいえんのすまいにむかえてくれるであろう。

    10 小事しょうじ忠実ちゅうじつひとは、大事だいじにも忠実ちゅうじつである。そして、小事しょうじ忠実ちゅうじつひと大事だいじにも忠実ちゅうじつである。

    11 だから、もしあなたがたが不正ふせいとみについて忠実ちゅうじつでなかったら、だれがしんとみまかせるだろうか。

    12 また、もしほかのひとのものについて忠実ちゅうじつでなかったら、だれがあなたがたのものをあたえてくれようか。

    13 どのしもべでも、ふたりの主人しゅじんつかえることはできない。一方いっぽうにくんで他方たほうあいし、あるいは、一方いっぽうしたしんで他方たほうをうとんじるからである。あなたがたは、かみとみとにつかえることはできない」。

    14 よくふかいパリサイびとたちが、すべてこれらの言葉ことばいて、イエスをあざわらった。

    15 そこでかれらにむかってわれた、「あなたがたは、人々ひとびとまえ自分じぶんただしいとするひとたちである。しかし、かみはあなたがたのこころをごぞんじである。人々ひとびとあいだたっとばれるものは、かみのみまえではみきらわれる。

    16 律法りっぽう預言者よげんしゃとはヨハネのときまでのものである。それ以来いらいかみくにつたえられ、人々ひとびとみなこれに突入とつにゅうしている。

    17 しかし、律法りっぽう一画いっかくちるよりは、天地てんちほろびるほうが、もっとたやすい。

    18 すべて自分じぶんつましておんなをめとるものは、姦淫かんいんおこなうものであり、また、おっとからされたおんなをめとるものも、姦淫かんいんおこなうものである。

    19 ある金持かねもちがいた。かれむらさきころもほそぬのて、毎日まいにちぜいたくにあそくらしていた。

    20 ところが、ラザロという貧乏人びんぼうにん全身ぜんしんできものでおおわれて、この金持かねもち玄関げんかんまえにすわり、

    21 その食卓しょくたくからちるものでえをしのごうとのぞんでいた。そのうえいぬがきてかれのできものをなめていた。

    22 この貧乏人びんぼうにんがついにに、御使みつかいたちにれられてアブラハムのふところにおくられた。金持かねもちんでほうむられた。

    23 そして黄泉よみにいてくるしみながら、をあげると、アブラハムとそのふところにいるラザロとが、はるかにえた。

    24 そこでこえをあげてった、『ちち、アブラハムよ、わたしをあわれんでください。ラザロをおつかわしになって、その指先ゆびさきみずでぬらし、わたしのしたやさせてください。わたしはこの火炎かえんなかくるしみもだえています』。

    25 アブラハムがった、『よ、おもすがよい。あなたは生前せいぜんよいものをけ、ラザロのほうわるいものをけた。しかしいまここでは、かれなぐさめられ、あなたはくるしみもだえている。

    26 そればかりか、わたしたちとあなたがたとのあいだにはおおきなふちがおいてあって、こちらからあなたがたのほうわたろうとおもってもできないし、そちらからわたしたちのほうえてることもできない』。

    27 そこで金持かねもちった、『ちちよ、ではおねがいします。わたしのちちいえへラザロをつかわしてください。

    28 わたしに五にん兄弟きょうだいがいますので、こんなくるしいところることがないように、かれらに警告けいこくしていただきたいのです』。

    29 アブラハムはった、『かれらにはモーセと預言者よげんしゃとがある。それにくがよかろう』。

    30 金持かねもちった、『いえいえ、ちちアブラハムよ、もし死人しにんなかからだれかが兄弟きょうだいたちのところへってくれましたら、かれらはあらためるでしょう』。

    31 アブラハムはった、『もしかれらがモーセと預言者よげんしゃとにみみかたむけないなら、死人しにんなかからよみがえってくるものがあっても、かれらはそのすすめをれはしないであろう』」。