ルカによる福音書12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 そのあいだに、おびただしい群衆ぐんしゅうが、たがいうほどにむらがってきたが、イエスはまず弟子でしたちにかたりはじめられた、「パリサイびとのパンだね、すなわちかれらの偽善ぎぜんをつけなさい。

    2 おおいかぶされたもので、あらわれてこないものはなく、かくれているもので、られてこないものはない。

    3 だから、あなたがたがくらやみでったことは、なんでもみなあかるみでかれ、密室みっしつみみにささやいたことは、屋根やねうえいひろめられるであろう。

    4 そこでわたしのともであるあなたがたにうが、からだをころしても、そのあとでそれ以上いじょうなにもできないものどもをおそれるな。

    5 おそるべきものがだれであるか、おしえてあげよう。ころしたあとで、さら地獄じごく権威けんいのあるかたをおそれなさい。そうだ、あなたがたにっておくが、そのかたをおそれなさい。

    6 のすずめは二アサリオンでられているではないか。しかも、その一かみのみまえでわすれられてはいない。

    7 そのうえ、あなたがたのあたままでも、みなかぞえられている。おそれることはない。あなたがたはおおくのすずめよりも、まさったものである。

    8 そこで、あなたがたにう。だれでもひとまえでわたしをけいれるものを、ひとかみ使つかいたちのまえけいれるであろう。

    9 しかし、ひとまえでわたしをこばものは、かみ使つかいたちのまえこばまれるであろう。

    10 また、ひとさからうものはゆるされるであろうが、聖霊せいれいをけがすものは、ゆるされることはない。

    11 あなたがたが会堂かいどう役人やくにん高官こうかんまえへひっぱられてった場合ばあいには、なにをどう弁明べんめいしようか、なにおうかと心配しんぱいしないがよい。

    12 うべきことは、聖霊せいれいがそのときおしえてくださるからである」。

    13 群衆ぐんしゅうなかのひとりがイエスにった、「先生せんせい、わたしの兄弟きょうだいに、遺産いさんけてくれるようにおっしゃってください」。

    14 かれわれた、「ひとよ、だれがわたしをあなたがたの裁判人さいばんにんまたは分配ぶんぱいにんてたのか」。

    15 それから人々ひとびとにむかってわれた、「あらゆる貪欲どんよくたいしてよくよく警戒けいかいしなさい。たといたくさんのものっていても、ひとのいのちは、ものにはよらないのである」。

    16 そこで一つのたとえかたられた、「ある金持かねもちはたけ豊作ほうさくであった。

    17 そこでかれこころなかで、『どうしようか、わたしの作物さくもつをしまっておくところがないのだが』とおもいめぐらして

    18 った、『こうしよう。わたしのくらりこわし、もっとおおきいのをてて、そこに穀物こくもつ食糧しょくりょう全部ぜんぶしまいもう。

    19 そして自分じぶんたましいおう。たましいよ、おまえには長年ながねんぶん食糧しょくりょうがたくさんたくわえてある。さあ安心あんしんせよ、え、め、たのしめ』。

    20 するとかみかれわれた、『おろかなものよ、あなたのたましい今夜こんやのうちにもられるであろう。そしたら、あなたが用意よういしたものは、だれのものになるのか』。

    21 自分じぶんのためにたからんでかみたいしてまないものは、これとおなじである」。

    22 それから弟子でしたちにわれた、「それだから、あなたがたにっておく。なにべようかと、いのちのことでおもいわずらい、なにようかとからだのことでおもいわずらうな。

    23 いのち食物しょくもつにまさり、からだは着物きものにまさっている。

    24 からすのことをかんがえてよ。まくことも、ることもせず、また、納屋なやもなくくらもない。それだのに、かみかれらをやしなっていてくださる。あなたがたはとりよりも、はるかにすぐれているではないか。

    25 あなたがたのうち、だれがおもいわずらったからとて、自分じぶん寿命じゅみょうをわずかでもばすことができようか。

    26 そんなちいさなことさえできないのに、どうしてほかのことをおもいわずらうのか。

    27 はなのことをかんがえてるがよい。つむぎもせず、りもしない。しかし、あなたがたにうが、栄華えいがをきわめたときのソロモンでさえ、このはなの一つほどにも着飾きかざってはいなかった。

    28 きょうはにあって、あすはれられるくさでさえ、かみはこのようによそおってくださるのなら、あなたがたに、それ以上いじょうよくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰しんこううすものたちよ。

    29 あなたがたも、なにべ、なにもうかと、あくせくするな、また使つかうな。

    30 これらのものはみな、この異邦人いほうじんせつもとめているものである。あなたがたのちちは、これらのものがあなたがたに必要ひつようであることを、ごぞんじである。

    31 ただ、御国みくにもとめなさい。そうすれば、これらのものはえてあたえられるであろう。

    32 おそれるな、ちいさいれよ。御国みくにくださることは、あなたがたのちちのみこころなのである。

    33 自分じぶんものって、ほどこしなさい。自分じぶんのためにふるびることのない財布さいふをつくり、盗人ぬすびと近寄ちかよらず、むしやぶらないてんに、きることのないたからをたくわえなさい。

    34 あなたがたのたからのあるところには、こころもあるからである。

    35 こしおびをしめ、あかりをともしていなさい。

    36 主人しゅじんこんえんからかえってきてをたたくとき、すぐあけてあげようとっているひとのようにしていなさい。

    37 主人しゅじんかえってきたとき、さましているのをられるしもべたちは、さいわいである。よくっておく。主人しゅじんおびをしめてしもべたちを食卓しょくたくにつかせ、すすって給仕きゅうじをしてくれるであろう。

    38 主人しゅじん夜中よなかごろ、あるいは夜明よあけごろにかえってきても、そうしているのをられるなら、そのひとたちはさいわいである。

    39 このことを、わきまえているがよい。いえ主人しゅじんは、盗賊とうぞくがいつごろるかわかっているなら、自分じぶんいえらせはしないであろう。

    40 あなたがたも用意よういしていなさい。おもいがけないときひとるからである」。

    41 するとペテロがった、「しゅよ、このたとえはなしておられるのはわたしたちのためなのですか。それとも、みんなのもののためなのですか」。

    42 そこでしゅわれた、「主人しゅじんが、召使めしつかいたちのうえてて、ときおうじてさだめの食事しょくじをそなえさせる忠実ちゅうじつ思慮しりょぶか家令かれいは、いったいだれであろう。

    43 主人しゅじんかえってきたとき、そのようにつとめているのをられるしもべは、さいわいである。

    44 よくっておくが、主人しゅじんはそのしもべてて自分じぶんぜん財産ざいさん管理かんりさせるであろう。

    45 しかし、もしそのしもべが、主人しゅじんかえりがおそいとこころなかおもい、男女だんじょ召使めしつかいたちをちたたき、そしてべたり、んだりしていはじめるならば、

    46 そのしもべ主人しゅじんおもいがけないがつかないときかえってるであろう。そして、かれ厳罰げんばつしょして、忠実ちゅうじつなものたちとおなにあわせるであろう。

    47 主人しゅじんのこころをっていながら、それにしたがって用意よういもせずつとめもしなかったしもべは、おおくむちたれるであろう。

    48 しかし、らずにたれるようなことをしたものは、たれほうすくないだろう。おおあたえられたものからはおおもとめられ、おおまかせられたものからはさらおお要求ようきゅうされるのである。

    49 わたしは、地上ちじょうとうじるためにきたのだ。がすでにえていたならと、わたしはどんなにねがっていることか。

    50 しかし、わたしにはけねばならないバプテスマがある。そして、それをけてしまうまでは、わたしはどんなにかくるしいおもいをすることであろう。

    51 あなたがたは、わたしが平和へいわをこの地上ちじょうにもたらすためにきたとおもっているのか。あなたがたにっておく。そうではない。むしろ分裂ぶんれつである。

    52 というのは、いまからのちは、一家いっかうちで五にんあいわかれて、三にんはふたりに、ふたりは三にん対立たいりつし、

    53 またちちに、ちちに、ははむすめに、むすめははに、しゅうとめはよめに、よめはしゅうとめに、対立たいりつするであろう」。

    54 イエスはまた群衆ぐんしゅうたいしてもわれた、「あなたがたは、くも西にしおこるのをるとすぐ、にわかあめがやってる、とう。はたしてそのとおりになる。

    55 それから南風みなみかぜくと、つくなるだろう、とう。はたしてそのとおりになる。

    56 偽善者ぎぜんしゃよ、あなたがたは天地てんち模様もよう見分みわけることをりながら、どうしていま時代じだい見分みわけることができないのか。

    57 また、あなたがたは、なぜただしいことを自分じぶん判断はんだんしないのか。

    58 たとえば、あなたをうったえるひと一緒いっしょ役人やくにんのところへくときには、途中とちゅうでそのひと和解わかいするようにつとめるがよい。そうしないと、そのひとはあなたを裁判官さいばんかんのところへひっぱってき、裁判官さいばんかんはあなたを獄吏ごくりわたし、獄吏ごくりはあなたをごくむであろう。

    59 わたしはってく、最後さいごの一レプタまでも支払しはらってしまうまでは、けっしてそこからることはできない」。