聖典
ルカによる福音書2
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第2章

1 そのころ、ぜん世界せかい人口じんこう調査ちょうさをせよとの勅令ちょくれいが、皇帝こうていアウグストからた。

2 これは、クレニオがシリヤの総督そうとくであったときおこなわれた最初さいしょ人口じんこう調査ちょうさであった。

3 人々ひとびとはみな登録とうろくをするために、それぞれ自分じぶんまちかえってった。

4 ヨセフもダビデの家系かけいであり、またその血統けっとうであったので、ガリラヤのまちナザレをて、ユダヤのベツレヘムというダビデのまちのぼってった。

5 それは、すでに身重みおもになっていたいいなづけのつまマリヤとともに、登録とうろくをするためであった。

6 ところが、かれらがベツレヘムに滞在たいざいしているあいだに、マリヤはつきちて、

7 初子ういごみ、ぬのにくるんで、飼葉かいばおけのなかかせた。客間きゃくまにはかれらのいる余地よちがなかったからである。

8 さて、この地方ちほう羊飼ひつじかいたちがよる野宿のじゅくしながらひつじれのばんをしていた。

9 するとしゅ御使みつかいあらわれ、しゅ栄光えいこうかれらをめぐりてらしたので、かれらは非常ひじょうおそれた。

10 御使みつかいった、「おそれるな。よ、すべてのたみあたえられるおおきなよろこびを、あなたがたにつたえる。

11 きょうダビデのまちに、あなたがたのために救主すくいぬしがおうまれになった。このかたこそしゅなるキリストである。

12 あなたがたは、おさぬのにくるまって飼葉かいばおけのなかかしてあるのをるであろう。それが、あなたがたにあたえられるしるしである」。

13 するとたちまち、おびただしいてん軍勢ぐんぜいあらわれ、御使みつかい一緒いっしょになってかみをさんびしてった、

14 「いとたかきところでは、かみ栄光えいこうがあるように、うえでは、みこころにかなう人々ひとびと平和へいわがあるように」。

15 御使みつかいたちがかれらをはなれててんかえったとき、羊飼ひつじかいたちは「さあ、ベツレヘムへって、しゅがおらせくださったその出来事できごとてこようではないか」と、たがいかたった。

16 そしていそいでって、マリヤとヨセフ、また飼葉かいばおけにかしてあるおささがしあてた。

17 かれらにったうえで、このについて自分じぶんたちにらされたことを、人々ひとびとつたえた。

18 人々ひとびとはみな、羊飼ひつじかいたちがはなしてくれたことをいて、不思議ふしぎおもった。

19 しかし、マリヤはこれらのことをことごとくこころめて、おもいめぐらしていた。

20 羊飼ひつじかいたちは、見聞みききしたことがなにもかも自分じぶんたちにかたられたとおりであったので、かみをあがめ、またさんびしながらかえってった。

21 ぎ、割礼かつれいをほどこすときとなったので、受胎じゅたいのまえに御使みつかいげたとおり、おさをイエスとづけた。

22 それから、モーセの律法りっぽうによるかれらのきよめの期間きかんぎたとき、両親りょうしんおされてエルサレムへのぼった。

23 それはしゅ律法りっぽうに「ははたいはじめてひらおとこはみな、しゅせいべつされたものと、となえられねばならない」といてあるとおり、おさしゅにささげるためであり、

24 またおなしゅ律法りっぽうに、「やまばと一つがい、または、いえばとのひな二」とさだめてあるのにしたがって、犠牲ぎせいをささげるためであった。

25 そのとき、エルサレムにシメオンというひとがいた。このひとただしい信仰しんこうふかひとで、イスラエルのなぐさめられるのをのぞんでいた。また聖霊せいれいかれ宿やどっていた。

26 そしてしゅのつかわす救主すくいぬしうまではぬことはないと、聖霊せいれいしめしをけていた。

27 このひと御霊みたまかんじてみやにはいった。すると律法りっぽうさだめてあることをおこなうため、両親りょうしんもそのイエスをれてはいってきたので、

28 シメオンはおさうでいだき、かみをほめたたえてった、

29 しゅよ、いまこそ、あなたはみ言葉ことばのとおりにこのしもべやすらかにらせてくださいます、

30 わたしのいまあなたのすくいたのですから。

31 このすくいはあなたが万民ばんみんのまえにおそなえになったもので、

32 異邦人いほうじんてら啓示けいじひかり、みたみイスラエルの栄光えいこうであります」。

33 ちちははとはおさについてこのようにかたられたことを、不思議ふしぎおもった。

34 するとシメオンはかれらをしゅくし、そしてははマリヤにった、「ごらんなさい、このおさは、イスラエルのおおくのひとたおれさせたりちあがらせたりするために、また反対はんたいけるしるしとして、さだめられています。——

35 そして、あなた自身じしんもつるぎでむねつらぬかれるでしょう。——それはおおくのひとこころにあるおもいが、あらわれるようになるためです」。

36 また、アセルぞくのパヌエルのむすめで、アンナというおんな預言者よげんしゃがいた。彼女かのじょ非常ひじょうとしをとっていた。むすめ時代じだいにとついで、七年間ねんかんだけおっとともみ、

37 そののちやもめぐらしをし、八十四さいになっていた。そしてみやはなれずによるひる断食だんじきいのりとをもってかみつかえていた。

38 この老女ろうじょも、ちょうどそのとき近寄ちかよってきて、かみ感謝かんしゃをささげ、そしてこのおさのことを、エルサレムのすくいのぞんでいるすべての人々ひとびとかたりきかせた。

39 両親りょうしんしゅ律法りっぽうどおりすべてのことをすませたので、ガリラヤへむかい、自分じぶんまちナザレにかえった。

40 おさは、ますます成長せいちょうしてつよくなり、知恵ちえち、そしてかみめぐみがそのうえにあった。

41 さて、イエスの両親りょうしんは、過越すぎこしまつりには毎年まいとしエルサレムへのぼっていた。

42 イエスが十二さいになったときも、慣例かんれいしたがってまつりのために上京じょうきょうした。

43 ところが、まつりおわってかえるとき、少年しょうねんイエスはエルサレムに居残いのこっておられたが、両親りょうしんはそれにづかなかった。

44 そして道連みちづれのなかにいることとおもいこんで、一にちってしまい、それから、親族しんぞく知人ちじんなかさがしはじめたが、

45 つからないので、さがしまわりながらエルサレムへ引返ひきかえした。

46 そして三のちに、イエスがみやなか教師きょうしたちのまんなかにすわって、かれらのはなしいたり質問しつもんしたりしておられるのをつけた。

47 人々ひとびとはみな、イエスのかしこさやそのこたえ驚嘆きょうたんしていた。

48 両親りょうしんはこれをおどろき、そしてははかれった、「どうしてこんなことをしてくれたのです。ごらんなさい、おとうさまもわたしも心配しんぱいして、あなたをさがしていたのです」。

49 するとイエスはわれた、「どうしておさがしになったのですか。わたしが自分じぶんちちいえにいるはずのことを、ごぞんじなかったのですか」。

50 しかし、両親りょうしんはそのかたられた言葉ことばさとることができなかった。

51 それからイエスは両親りょうしん一緒いっしょにナザレにくだってき、かれらにおつかえになった。はははこれらのことをみなこころめていた。

52 イエスはますます知恵ちえくわわり、たけもび、そしてかみひとからあいされた。