ルカによる福音書5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 さて、群衆ぐんしゅうかみことばこうとしてせてきたとき、イエスはゲネサレ湖畔こはんっておられたが、

    2 そこに二そうの小舟こぶねせてあるのをごらんになった。漁師りょうしたちは、ふねからおりてあみあらっていた。

    3 その一そうはシモンのふねであったが、イエスはそれにみ、シモンにたのんできしからすこしこぎさせ、そしてすわって、ふねなかから群衆ぐんしゅうにおおしえになった。

    4 はなしがすむと、シモンに「おきへこぎし、あみをおろしてりょうをしてみなさい」とわれた。

    5 シモンはこたえてった、「先生せんせい、わたしたちは夜通よどおはたらきましたが、なにれませんでした。しかし、お言葉ことばですから、あみをおろしてみましょう」。

    6 そしてそのとおりにしたところ、おびただしいうおれがはいって、あみやぶれそうになった。

    7 そこで、もう一そうのふねにいた仲間なかまに、加勢かせいるよう合図あいずをしたので、かれらがきてうお両方りょうほうふねいっぱいにれた。そのために、ふねしずみそうになった。

    8 これをてシモン・ペテロは、イエスのひざもとにひれしてった、「しゅよ、わたしからはなれてください。わたしは罪深つみふかものです」。

    9 かれ一緒いっしょにいたものたちもみな、れたうおがおびただしいのにおどろいたからである。

    10 シモンの仲間なかまであったゼベダイのヤコブとヨハネも、同様どうようであった。すると、イエスがシモンにわれた、「おそれることはない。いまからあなたは人間にんげんをとる漁師りょうしになるのだ」。

    11 そこでかれらはふねりくげ、いっさいをててイエスにしたがった。

    12 イエスがあるまちにおられたとき全身ぜんしんらいびょうになっているひとがそこにいた。イエスをると、かおせてねがってった、「しゅよ、みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。

    13 イエスはばしてかれにさわり、「そうしてあげよう、きよくなれ」とわれた。すると、らいびょうがただちにってしまった。

    14 イエスは、だれにもはなさないようにとかれかせ、「ただって自分じぶんのからだを祭司さいしせ、それからあなたのきよめのため、モーセがめいじたとおりのささげものをして、人々ひとびと証明しょうめいしなさい」とおめいじになった。

    15 しかし、イエスの評判ひょうばんはますますひろまってき、おびただしい群衆ぐんしゅうが、おしえいたり、病気びょうきをなおしてもらったりするために、あつまってきた。

    16 しかしイエスは、さびしいところ退しりぞいていのっておられた。

    17 あるのこと、イエスがおしえておられると、ガリラヤやユダヤの方々ほうぼうむらから、またエルサレムからきたパリサイびと律法りっぽう学者がくしゃたちが、そこにすわっていた。しゅちからはたらいて、イエスは人々ひとびとをいやされた。

    18 そのとき、ある人々ひとびとが、ひとりの中風ちゅうぶをわずらっているひととこにのせたままれてきて、いえなかはこれ、イエスのまえこうとした。

    19 ところが、群衆ぐんしゅうのためにどうしてもはこれる方法ほうほうがなかったので、屋根やねにのぼり、かわらをはいで、病人びょうにんとこごと群衆ぐんしゅうのまんなかにつりおろして、イエスのまえにおいた。

    20 イエスはかれらの信仰しんこうて、「ひとよ、あなたのつみはゆるされた」とわれた。

    21 すると律法りっぽう学者がくしゃとパリサイびとたちとは、「かみけがすことをうこのひとは、いったい、何者なにものだ。かみおひとりのほかに、だれがつみをゆるすことができるか」とってろんじはじめた。

    22 イエスはかれらの論議ろんぎぬいて、「あなたがたはこころなかなにろんじているのか。

    23 あなたのつみはゆるされたとうのと、きてあるけとうのと、どちらがたやすいか。

    24 しかし、ひと地上ちじょうつみをゆるす権威けんいっていることが、あなたがたにわかるために」とかれらにたいしてい、中風ちゅうぶものにむかって、「あなたにめいじる。きよ、とこげていえかえれ」とわれた。

    25 すると病人びょうにん即座そくざにみんなのまえきあがり、ていたとこりあげて、かみをあがめながらいえかえってった。

    26 みんなのもの驚嘆きょうたんしてしまった。そしてかみをあがめ、おそれにたされて、「きょうはおどろくべきことをた」とった。

    27 そののち、イエスがかれると、レビという取税人しゅぜいにん収税所しゅうぜいしょにすわっているのをて、「わたしにしたがってきなさい」とわれた。

    28 すると、かれはいっさいをててちあがり、イエスにしたがってきた。

    29 それから、レビは自分じぶんいえで、イエスのために盛大せいだい宴会えんかいもよおしたが、取税人しゅぜいにんやそのほかおおぜいの人々ひとびとが、とも食卓しょくたくいていた。

    30 ところが、パリサイびとやその律法りっぽう学者がくしゃたちが、イエスの弟子でしたちにたいしてつぶやいてった、「どうしてあなたがたは、取税人しゅぜいにん罪人つみびとなどと飲食いんしょくともにするのか」。

    31 イエスはこたえてわれた、「健康けんこうひとには医者いしゃはいらない。いるのは病人びょうにんである。

    32 わたしがきたのは、義人ぎじんまねくためではなく、罪人つみびとまねいてあらためさせるためである」。

    33 またかれらはイエスにった、「ヨハネの弟子でしたちは、しばしば断食だんじきをし、またいのりをしており、パリサイびと弟子でしたちもそうしているのに、あなたの弟子でしたちはべたりんだりしています」。

    34 するとイエスはわれた、「あなたがたは、花婿はなむこ一緒いっしょにいるのに、婚礼こんれいきゃく断食だんじきをさせることができるであろうか。

    35 しかし、花婿はなむこうばられるる。そのには断食だんじきをするであろう」。

    36 それからイエスはまた一つのたとえかたられた、「だれも、あたらしい着物きものからぬのぎれをって、ふる着物きものにつぎをてるものはない。もしそんなことをしたら、あたらしい着物きものくことになるし、あたらしいのからったぬのぎれもふるいのにわないであろう。

    37 まただれも、あたらしいぶどうしゅふるかわぶくろれはしない。もしそんなことをしたら、あたらしいぶどうしゅかわぶくろをはりき、そしてぶどうしゅるし、かわぶくろもむだになるであろう。

    38 あたらしいぶどうしゅあたらしいかわぶくろれるべきである。

    39 まただれも、ふるさけんでから、あたらしいのをほしがりはしない。『ふるいのがい』とかんがえているからである」。