聖典
ルカによる福音書13

第13章

1 ちょうどそのとき、ある人々ひとびとがきて、ピラトがガリラヤびとたちのながし、それをかれらの犠牲ぎせいぜたことを、イエスにらせた。

2 そこでイエスはこたえてわれた、「それらのガリラヤびとが、そのような災難さいなんにあったからといって、のすべてのガリラヤびと以上いじょうつみふかかったとおもうのか。

3 あなたがたにうが、そうではない。あなたがたもあらためなければ、みなおなじようにほろびるであろう。

4 また、シロアムのとうたおれたためにおしころされたあの十八にんは、エルサレムのぜん住民じゅうみん以上いじょうつみ負債ふさいがあったとおもうか。

5 あなたがたにうが、そうではない。あなたがたもあらためなければ、みなおなじようにほろびるであろう」。

6 それから、このたとえかたられた、「あるひと自分じぶんのぶどうえんにいちじくのえていたので、さがしにきたがつからなかった。

7 そこで園丁えんていった、『わたしは三年間ねんかんもとめて、このいちじくののところにきたのだが、いまだにあたらない。そのたおしてしまえ。なんのために、土地とちをむだにふさがせてくのか』。

8 すると園丁えんていこたえてった、『ご主人様しゅじんさま、ことしも、そのままにしていてください。そのまわりをって肥料ひりょうをやってますから。

9 それで来年らいねんがなりましたら結構けっこうです。もしそれでもだめでしたら、たおしてください』」。

10 安息日あんそくにちに、ある会堂かいどうおしえておられると、

11 そこに十八年間ねんかん病気びょうきれいにつかれ、かがんだままで、からだをばすことのまったくできないおんながいた。

12 イエスはこのおんなて、びよせ、「おんなよ、あなたの病気びょうきはなおった」とって、

13 をそのうえかれた。するとちどころに、そのからだがまっすぐになり、そしてかみをたたえはじめた。

14 ところが会堂司かいどうづかさは、イエスが安息日あんそくにち病気びょうきをいやされたことをいきどおり、群衆ぐんしゅうにむかってった、「はたらくべき六日むいかある。そのあいだに、なおしてもらいにきなさい。安息日あんそくにちにはいけない」。

15 しゅはこれにこたえてわれた、「偽善者ぎぜんしゃたちよ、あなたがたはだれでも、安息日あんそくにちであっても、自分じぶんうしやろばを家畜かちく小屋こやからいて、みずませにしてやるではないか。

16 それなら、十八年間ねんかんもサタンにしばられていた、アブラハムのむすめであるこのおんなを、安息日あんそくにちであっても、その束縛そくばくからいてやるべきではなかったか」。

17 こうわれたので、イエスに反対はんたいしていたひとたちはみなった。そして群衆ぐんしゅうはこぞって、イエスがなされたすべてのすばらしいみわざをよろこんだ。

18 そこでわれた、「かみくになにているか。またそれをなににたとえようか。

19 つぶのからしだねのようなものである。あるひとがそれをってにわにまくと、そだってとなり、そらとりもそのえだ宿やどるようになる」。

20 またわれた、「かみくになににたとえようか。

21 パンだねのようなものである。おんながそれをって三こななかぜると、全体ぜんたいがふくらんでくる」。

22 さてイエスはおしえながら町々まちまち村々むらむらとおぎ、エルサレムへとたびつづけられた。

23 すると、あるひとがイエスに、「しゅよ、すくわれるひとすくないのですか」とたずねた。

24 そこでイエスは人々ひとびとにむかってわれた、「せま戸口とぐちからはいるようにつとめなさい。事実じじつ、はいろうとしても、はいれないひとおおいのだから。

25 いえ主人しゅじんってじてしまってから、あなたがたがそとをたたきはじめて、『ご主人様しゅじんさま、どうぞあけてください』とっても、主人しゅじんはそれにこたえて、『あなたがたがどこからきたひとなのか、わたしはらない』とうであろう。

26 そのとき、『わたしたちはあなたとご一緒いっしょいしました。また、あなたはわたしたちの大通おおどおりでおしえてくださいました』としても、

27 かれは、『あなたがたがどこからきたひとなのか、わたしはらない。悪事あくじはたらものどもよ、みんなってしまえ』とうであろう。

28 あなたがたは、アブラハム、イサク、ヤコブやすべての預言者よげんしゃたちが、かみくににはいっているのに、自分じぶんたちはそとされることになれば、そこでさけんだり、がみをしたりするであろう。

29 それから人々ひとびとが、ひがしから西にしから、またみなみからきたからきて、かみくに宴会えんかいせきにつくであろう。

30 こうしてあとのものでさきになるものがあり、また、さきのものであとになるものもある」。

31 ちょうどそのとき、あるパリサイびとたちが、イエスに近寄ちかよってきてった、「ここからきなさい。ヘロデがあなたをころそうとしています」。

32 そこでかれらにわれた、「あのきつねのところへってこうえ、『よ、わたしはきょうもあすも悪霊あくれいし、また、病気びょうきをいやし、そして三にわざをえるであろう。

33 しかし、きょうもあすも、またそのつぎも、わたしはすすんでかねばならない。預言者よげんしゃがエルサレム以外いがいぬことは、ありないからである』。

34 ああ、エルサレム、エルサレム、預言者よげんしゃたちをころし、おまえにつかわされた人々ひとびといしころものよ。ちょうどめんどりがつばさしたにひなをあつめるように、わたしはおまえのらをいくたびあつめようとしたことであろう。それだのに、おまえたちはおうじようとしなかった。

35 よ、おまえたちのいえ見捨みすてられてしまう。わたしはってく、『しゅによってきたるものに、祝福しゅくふくあれ』とおまえたちがときるまでは、ふたたびわたしにうことはないであろう」。