聖典
ルカによる福音書20

第20章

1 ある、イエスがみや人々ひとびとおしえ、福音ふくいんべておられると、祭司長さいしちょう律法りっぽう学者がくしゃたちが、長老ちょうろうたちととも近寄ちかよってきて、

2 イエスにった、「なに権威けんいによってこれらのことをするのですか。そうする権威けんいをあなたにあたえたのはだれですか、わたしたちにってください」。

3 そこで、イエスはこたえてわれた、「わたしも、ひとことたずねよう。それにこたえてほしい。

4 ヨハネのバプテスマは、てんからであったか、ひとからであったか」。

5 かれらはたがいろんじてった、「もしてんからだとえば、では、なぜかれしんじなかったのか、とイエスはうだろう。

6 しかし、もしひとからだとえば、民衆みんしゅうはみな、ヨハネを預言者よげんしゃだとしんじているから、わたしたちをいしつだろう」。

7 それでかれらは「どこからか、りません」とこたえた。

8 イエスはこれにたいしてわれた、「わたしもなに権威けんいによってこれらのことをするのか、あなたがたにうまい」。

9 そこでイエスはつぎたとえ民衆みんしゅうかたされた、「あるひとがぶどうえんつくって農夫のうふたちにし、ながたびた。

10 季節きせつになったので、農夫のうふたちのところへ、ひとりのしもべおくって、ぶどうえん収穫しゅうかくまえさせようとした。ところが、農夫のうふたちは、そのしもべふくろだたきにし、からかえらせた。

11 そこでかれはもうひとりのしもべおくった。かれらはそのしもべふくろだたきにし、侮辱ぶじょくくわえて、からかえらせた。

12 そこでさらに三にんものおくったが、かれらはこのものも、きずわせてした。

13 ぶどうえん主人しゅじんった、『どうしようか。そうだ、わたしの愛子あいしをつかわそう。これなら、たぶんうやまってくれるだろう』。

14 ところが、農夫のうふたちはかれると、『あれはあとりだ。あれをころしてしまおう。そうしたら、その財産ざいさんはわれわれのものになるのだ』とたがいはない、

15 かれをぶどうえんそとしてころした。そのさい、ぶどうえん主人しゅじんは、かれらをどうするだろうか。

16 かれてきて、この農夫のうふたちをころし、ぶどうえん人々ひとびとあたえるであろう」。人々ひとびとはこれをいて、「そんなことがあってはなりません」とった。

17 そこで、イエスはかれらをつめてわれた、「それでは、『いえつくりらのてたいしすみのかしらいしになった』といてあるのは、どういうことか。

18 すべてそのいしうえちるものくだかれ、それがだれかのうえちかかるなら、そのひとはこなみじんにされるであろう」。

19 このとき、律法りっぽう学者がくしゃたちや祭司長さいしちょうたちはイエスにをかけようとおもったが、民衆みんしゅうおそれた。いまのたとえ自分じぶんたちにててかたられたのだと、さとったからである。

20 そこで、かれらは機会きかいをうかがい、義人ぎじんよそおうまわしものどもをおくって、イエスを総督そうとく支配しはい権威けんいとにわたすため、その言葉ことばじりをとらえさせようとした。

21 かれらはたずねてった、「先生せんせい、わたしたちは、あなたのかたおしえられることがただしく、また、あなたはへだてをなさらず、真理しんりもとづいてかみみちおしえておられることを、承知しょうちしています。

22 ところで、カイザルにみつぎおさめてよいでしょうか、いけないでしょうか」。

23 イエスはかれらの悪巧わるだくみを見破みやぶってわれた、

24 「デナリをせなさい。それにあるのは、だれの肖像しょうぞう、だれの記号きごうなのか」。「カイザルのです」と、かれらがこたえた。

25 するとイエスはかれらにわれた、「それなら、カイザルのものはカイザルに、かみのものはかみかえしなさい」。

26 そこでかれらは、民衆みんしゅうまえでイエスの言葉ことばじりをとらえることができず、そのこたえ驚嘆きょうたんして、だまってしまった。

27 復活ふっかつということはないとっていたサドカイびとのあるものたちが、イエスに近寄ちかよってきて質問しつもんした、

28 先生せんせい、モーセは、わたしたちのためにこういています、『もしあるひとあにつまをめとり、がなくてんだなら、おとうとはこのおんなをめとって、あにのためにをもうけねばならない』。

29 ところで、ここに七にん兄弟きょうだいがいました。長男ちょうなんつまをめとりましたが、がなくてに、

30 そして次男じなん三男さんなんと、次々つぎつぎに、そのおんなをめとり、

31 にんとも同様どうように、をもうけずににました。

32 のちに、そのおんなにました。

33 さて、復活ふっかつときには、このおんなは七にんのうち、だれのつまになるのですか。七にんとも彼女かのじょつまにしたのですが」。

34 イエスはかれらにわれた、「このらは、めとったり、とついだりするが、

35 かのにはいって死人しにんからの復活ふっかつにあずかるにふさわしいものたちは、めとったり、とついだりすることはない。

36 かれらは天使てんしひとしいものであり、また復活ふっかつにあずかるゆえに、かみでもあるので、もうぬことはありないからである。

37 死人しにんがよみがえることは、モーセもしばへんで、しゅを『アブラハムのかみ、イサクのかみ、ヤコブのかみ』とんで、これをしめした。

38 かみんだものかみではなく、きているものかみである。ひとはみなかみきるものだからである」。

39 律法りっぽう学者がくしゃのうちのある人々ひとびとこたえてった、「先生せんせいおおせのとおりです」。

40 かれらはそれ以上いじょうなにもあえていかけようとしなかった。

41 イエスはかれらにわれた、「どうして人々ひとびとはキリストをダビデのだとうのか。

42 ダビデ自身じしん詩篇しへんなかっている、『しゅはわがしゅおおせになった、

43 あなたのてきをあなたのあしだいとするときまでは、わたしのみぎしていなさい』。

44 このように、ダビデはキリストをしゅんでいる。それなら、どうしてキリストはダビデのであろうか」。

45 民衆みんしゅうがみないているとき、イエスは弟子でしたちにわれた、

46 律法りっぽう学者がくしゃをつけなさい。かれらはながころもあるくのをこのみ、広場ひろばでの敬礼けいれい会堂かいどう上席じょうせき宴会えんかい上座じょうざをよろこび、

47 やもめたちのいえたおし、えのためにながいのりをする。かれらはもっときびしいさばきをけるであろう」。