聖典
ルカによる福音書24
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第24章

1 しゅうはじめの夜明よあまえに、おんなたちは用意よういしておいた香料こうりょうたずさえて、はかった。

2 ところが、いしはかからころがしてあるので、

3 なかにはいってみると、しゅイエスのからだが見当みあたらなかった。

4 そのため途方とほうにくれていると、よ、かがやいたころもたふたりのものが、かれらにあらわれた。

5 おんなたちはおどろおそれて、かおせていると、このふたりのものった、「あなたがたは、なぜきたほう死人しにんなかにたずねているのか。

6 そのかたは、ここにはおられない。よみがえられたのだ。まだガリラヤにおられたとき、あなたがたにおはなしになったことをおもしなさい。

7 すなわち、ひとかなら罪人つみびとらのわたされ、十字架じゅうじかにつけられ、そして三によみがえる、とおおせられたではないか」。

8 そこでおんなたちはその言葉ことばおもし、

9 はかからかえって、これらいっさいのことを、十一弟子でしや、そのみんなのひと報告ほうこくした。

10 このおんなたちというのは、マグダラのマリヤ、ヨハンナ、およびヤコブのははマリヤであった。彼女かのじょたちと一緒いっしょにいたほかのおんなたちも、このことを使徒しとたちにはなした。

11 ところが、使徒しとたちには、それがおろかなはなしのようにおもわれて、それをしんじなかった。

12 ペテロはってはかはしってき、かがんでなかると、亜麻布あまぬのだけがそこにあったので、こと次第しだい不思議ふしぎおもいながらかえってった。〕

13 この、ふたりの弟子でしが、エルサレムから七マイルばかりはなれたエマオというむらきながら、

14 このいっさいの出来事できごとについてたがいかたっていた。

15 かたろんっていると、イエスご自身じしんちかづいてきて、かれらと一緒いっしょあるいてかれた。

16 しかし、かれらのがさえぎられて、イエスをみとめることができなかった。

17 イエスはかれらにわれた、「あるきながらたがいかたっているそのはなしは、なんのことなのか」。かれらはかなしそうなかおをしてちどまった。

18 そのひとりのクレオパというものが、こたえてった、「あなたはエルサレムにまっていながら、あなただけが、このみやこでこのごろおこったことをごぞんじないのですか」。

19 「それは、どんなことか」とわれると、かれらはった、「ナザレのイエスのことです。あのかたは、かみとすべての民衆みんしゅうとのまえで、わざにも言葉ことばにもちからある預言者よげんしゃでしたが、

20 祭司長さいしちょうたちや役人やくにんたちが、死刑しけいしょするためにわたし、十字架じゅうじかにつけたのです。

21 わたしたちは、イスラエルをすくうのはこのひとであろうと、のぞみをかけていました。しかもそのうえに、このことおこってから、きょうが三なのです。

22 ところが、わたしたちの仲間なかまである数人すうにんおんなが、わたしたちをおどろかせました。というのは、かれらがあさはやはかきますと、

23 イエスのからだが見当みあたらないので、かえってきましたが、そのとき御使みつかいあらわれて、『イエスはきておられる』とげたともうすのです。

24 それで、わたしたちの仲間なかま数人すうにんはかってますと、はたしておんなたちがったとおりで、イエスは見当みあたりませんでした」。

25 そこでイエスがわれた、「ああ、おろかでこころのにぶいため、預言者よげんしゃたちがいたすべてのことしんじられないものたちよ。

26 キリストはかならず、これらの苦難くなんけて、その栄光えいこうはいるはずではなかったのか」。

27 こうって、モーセやすべての預言者よげんしゃからはじめて、聖書せいしょ全体ぜんたいにわたり、ご自身じしんについてしるしてあることどもを、きあかされた。

28 それから、かれらはこうとしていたむらちかづいたが、イエスがなおさきすすかれる様子ようすであった。

29 そこで、しいてめてった、「わたしたちと一緒いっしょにおまりください。もう夕暮ゆうぐれになっており、もはやかたむいています」。イエスは、かれらとともまるために、いえにはいられた。

30 一緒いっしょ食卓しょくたくにつかれたとき、パンをり、祝福しゅくふくしてさき、かれらにわたしておられるうちに、

31 かれらのひらけて、それがイエスであることがわかった。すると、み姿すがたえなくなった。

32 かれらはたがいった、「道々みちみちはなしになったとき、また聖書せいしょめいしてくださったとき、おたがいこころうちえたではないか」。

33 そして、すぐにってエルサレムにかえってると、十一弟子でしとその仲間なかまあつまっていて、

34 しゅは、ほんとうによみがえって、シモンにあらわれなさった」とっていた。

35 そこでふたりのものは、途中とちゅうであったことや、パンをおさきになる様子ようすでイエスだとわかったことなどをはなした。

36 こうはなしていると、イエスがかれらのなかにおちになった。〔そして「やすかれ」とわれた。〕

37 かれらはおそおどろいて、れいているのだとおもった。

38 そこでイエスがわれた、「なぜおじまどっているのか。どうしてこころうたがいをおこすのか。

39 わたしのあしなさい。まさしくわたしなのだ。さわってなさい。れいにはにくほねはないが、あなたがたがるとおり、わたしにはあるのだ」。

40 こうって、あしとをおせになった。〕

41 かれらはよろこびのあまり、まだしんじられないで不思議ふしぎおもっていると、イエスが「ここになに食物しょくもつがあるか」とわれた。

42 かれらがいたうおの一きれをさしあげると、

43 イエスはそれをって、みんなのまえべられた。

44 それからかれらにたいしてわれた、「わたしが以前いぜんあなたがたと一緒いっしょにいた時分じぶんはなしてかせた言葉ことばは、こうであった。すなわち、モーセの律法りっぽう預言よげんしょ詩篇しへんとに、わたしについていてあることは、かならずことごとく成就じょうじゅする」。

45 そこでイエスは、聖書せいしょさとらせるためにかれらのこころひらいて

46 われた、「こう、しるしてある。キリストはくるしみをけて、三死人しにんなかからよみがえる。

47 そして、そのによってつみのゆるしをさせる悔改くいあらためが、エルサレムからはじまって、もろもろの国民こくみんつたえられる。

48 あなたがたは、これらのこと証人しょうにんである。

49 よ、わたしのちち約束やくそくされたものを、あなたがたにおくる。だから、うえからちからさづけられるまでは、あなたがたはみやこにとどまっていなさい」。

50 それから、イエスはかれらをベタニヤのちかくまでれてき、をあげてかれらを祝福しゅくふくされた。

51 祝福しゅくふくしておられるうちに、かれらをはなれて、〔てんにあげられた。〕

52 かれらは〔イエスをはいし、〕非常ひじょうよろこびをもってエルサレムにかえり、

53 えずみやにいて、かみをほめたたえていた。