ルカによる福音書4
    脚注
    Theme

    第4章

    1 さて、イエスは聖霊せいれいちてヨルダンがわからかえり、

    2 荒野あらのを四十にちのあいだ御霊みたまにひきまわされて、悪魔あくまこころみにあわれた。そのあいだなにべず、その日数ひかずがつきると、空腹くうふくになられた。

    3 そこで悪魔あくまった、「もしあなたがかみであるなら、このいしに、パンになれとめいじてごらんなさい」。

    4 イエスはこたえてわれた、「『ひとはパンだけできるものではない』といてある」。

    5 それから、悪魔あくまはイエスをたかところれてき、またたくまに世界せかいのすべての国々くにぐにせて

    6 った、「これらの国々くにぐに権威けんい栄華えいがとをみんな、あなたにあげましょう。それらはわたしにまかせられていて、だれでもきなひとにあげてよいのですから。

    7 それで、もしあなたがわたしのまえにひざまずくなら、これを全部ぜんぶあなたのものにしてあげましょう」。

    8 イエスはこたえてわれた、「『しゅなるあなたのかみはいし、ただかみにのみつかえよ』といてある」。

    9 それから悪魔あくまはイエスをエルサレムにれてき、みや頂上ちょうじょうたせてった、「もしあなたがかみであるなら、ここからしたびおりてごらんなさい。

    10 かみはあなたのために、御使みつかいたちにめいじてあなたをまもらせるであろう』とあり、

    11 また、『あなたのあしいしちつけられないように、かれらはあなたをでささえるであろう』ともいてあります」。

    12 イエスはこたえてわれた、「『しゅなるあなたのかみこころみてはならない』とわれている」。

    13 悪魔あくまはあらゆるこころみをしつくして、一時いちじイエスをはなれた。

    14 それからイエスは御霊みたまちからちあふれてガリラヤへかえられると、そのうわさがその地方ちほう全体ぜんたいにひろまった。

    15 イエスはしょ会堂かいどうおしえ、みんなのものから尊敬そんけいをおけになった。

    16 それからおそだちになったナザレにき、安息日あんそくにちにいつものように会堂かいどうにはいり、聖書せいしょ朗読ろうどくしようとしてたれた。

    17 すると預言者よげんしゃイザヤのしょ手渡てわたされたので、そのしょひらいて、こういてあるところされた、

    18 しゅ御霊みたまがわたしに宿やどっている。まずしい人々ひとびと福音ふくいんつたえさせるために、わたしをせいべつしてくださったからである。しゅはわたしをつかわして、囚人しゅうじん解放かいほうされ、盲人もうじんひらかれることをらせ、ちひしがれているもの自由じゆうさせ、

    19 しゅのめぐみのとしらせるのである」。

    20 イエスは聖書せいしょいてかかりのものかえし、せきかれると、会堂かいどうにいるみんなのものがイエスにそそがれた。

    21 そこでイエスは、「このせいは、あなたがたがみみにしたこの成就じょうじゅした」ときはじめられた。

    22 すると、かれらはみなイエスをほめ、またそのくちからるめぐみの言葉ことば感嘆かんたんしてった、「このひとはヨセフのではないか」。

    23 そこでかれらにわれた、「あなたがたは、きっと『医者いしゃよ、自分じぶん自身じしんをいやせ』ということわざをいて、カペナウムでおこなわれたといていたことを、あなたの郷里きょうりのこのでもしてくれ、とうであろう」。

    24 それからわれた、「よくっておく。預言者よげんしゃは、自分じぶん郷里きょうりでは歓迎かんげいされないものである。

    25 よくいておきなさい。エリヤの時代じだいに、三ねん六かげつにわたっててんじ、イスラエル全土ぜんどだいききんがあったさい、そこにはおおくのやもめがいたのに、

    26 エリヤはそのうちのだれにもつかわされないで、ただシドンのサレプタにいるひとりのやもめにだけつかわされた。

    27 また預言者よげんしゃエリシャの時代じだいに、イスラエルにはおおくのらい病人びょうにんがいたのに、そのうちのひとりもきよめられないで、ただシリヤのナアマンだけがきよめられた」。

    28 会堂かいどうにいたものたちはこれをいて、みないきどおりにち、

    29 がってイエスをまちそとし、そのまちっているおかのがけまでひっぱってって、おとそうとした。

    30 しかし、イエスはかれらのまんなかとおけて、ってかれた。

    31 それから、イエスはガリラヤのまちカペナウムにくだってかれた。そして安息日あんそくにちになると、人々ひとびとをおおしえになったが、

    32 その言葉ことば権威けんいがあったので、かれらはそのおしえおどろいた。

    33 すると、けがれた悪霊あくれいにつかれたひと会堂かいどうにいて、大声おおごえさけした、

    34 「ああ、ナザレのイエスよ、あなたはわたしたちとなんのかかわりがあるのです。わたしたちをほろぼしにこられたのですか。あなたがどなたであるか、わかっています。かみ聖者せいじゃです」。

    35 イエスはこれをしかって、「だまれ、このひとからけ」とわれた。すると悪霊あくれいかれひとなかにたおし、きずわせずに、そのひとからった。

    36 みんなのものおどろいて、たがいかたってった、「これは、いったい、なんという言葉ことばだろう。権威けんいちからとをもってけがれたれいめいじられると、かれらはくのだ」。

    37 こうしてイエスの評判ひょうばんが、その地方ちほうのいたるところにひろまっていった。

    38 イエスは会堂かいどうてシモンのいえにおはいりになった。ところがシモンのしゅうとめがたかねつんでいたので、人々ひとびと彼女かのじょのためにイエスにおねがいした。

    39 そこで、イエスはそのまくらもとにって、ねつくようにめいじられると、ねつき、おんなはすぐにがって、かれらをもてなした。

    40 れると、いろいろな病気びょうきになやむものをかかえている人々ひとびとが、みなそれをイエスのところにれてきたので、そのひとりびとりにいて、おいやしになった。

    41 悪霊あくれいも「あなたこそかみです」とさけびながらおおくの人々ひとびとからていった。しかし、イエスはかれらをいましめて、ものうことをおゆるしにならなかった。かれらがイエスはキリストだとっていたからである。

    42 けると、イエスはさびしいところかれたが、群衆ぐんしゅうさがしまわって、みもとにあつまり、自分じぶんたちからはなれてかれないようにと、めた。

    43 しかしイエスは、「わたしは、ほかの町々まちまちにもかみくに福音ふくいんつたえねばならない。自分じぶんはそのためにつかわされたのである」とわれた。

    44 そして、ユダヤのしょ会堂かいどうおしえかれた。