学習ヘルプ
メルキゼデク
戻る 次へ


メルキゼデク

『旧約聖書』の中の人物。洪水後のアブラハムの時代に生きていた偉大な大祭司,預言者,指導者。彼はサレム(エルサレム)の王,また平和の王,義の王(「メルキゼデク」とはヘブライ語で「義の王」の意味),いと高き神の祭司とも呼ばれた。