学習ヘルプ
ジョセフ・スミス訳(JS)
戻る 次へ

ジョセフ・スミス訳(JS

預言者ジョセフ・スミスが1830年6月に始めた『欽定訳聖書』の改訂あるいは翻訳をいう。ジョセフ・スミスは神からその翻訳をするよう命じられ,それを預言者としての自分の召しの一部と考えた。

ジョセフは1833年7月までにこの翻訳をほとんど終えていたが,出版のための原稿を準備しながら,1844年の死に至るまで加筆訂正を続けた。彼は生前その一部を出版したが,もし生き長らえて全部を出版していたとすれば,さらに変更を加えていたであろうと思われる。復元イエス・キリスト教会は,ジョセフ・スミスが霊感によって翻訳した『聖書』の初版を1867年に発行し,以来何度か版を重ねてきた。

預言者はこの翻訳の過程で多くのことを学んだ。『教義と聖約』の幾つかの章(教義767791132章など)は,この翻訳をきっかけに与えられたものである。また主はこの翻訳に関して,ジョセフに具体的な指示を与えられた。その指示は『教義と聖約』に記録されている(教義37:145:60-6176:15-1890:1391章94:10104:58124:89)。『高価な真珠』に収められているモーセ書とジョセフ・スミス—マタイはジョセフ・スミス訳から直接取ったものである。

ジョセフ・スミス訳は,『聖書』から抜き取られた分かりやすく貴い部分を回復した(1ニフ13章)。ジョセフ・スミス訳は,末日聖徒イエス・キリスト教会公認の『聖書』ではないが,多くの興味深い洞察を与え,『聖書』を理解するうえで非常に有益である。また,預言者ジョセフ・スミスの神聖な召しと務めをあかしするものである。