学習ヘルプ
ガリラヤ
戻る 次へ

ガリラヤ

ヨルダン川とガリラヤの海の西に当たるイスラエル最北の地。ガリラヤは,南北約95km,東西約50kmの広がりを持つ地域である。古代のガリラヤには,イスラエルで最も肥沃な土地と繁華な町が含まれていた。また,ダマスコ,エジプト,イスラエル東部へ続く要路がガリラヤを通過していた。恵まれた気候と肥沃な土壌で,オリーブ,小麦,大麦,ぶどうを多く産した。ガリラヤの海での漁獲は多大な輸出をもたらし,人々はそれから多くの富を得た。救い主はその生涯の多くをガリラヤで過ごされた。

ガリラヤの海

ガリラヤの海は北部イスラエルに位置している。『旧約聖書』ではキンネレテの海,『新約聖書』ではゲネサレ湖,テベリヤの海とも呼ばれている。イエスは幾度かここで教えを説かれた(マタ13:2)。この海は西洋梨の形をしており,南北20km,東西の幅は最も広い所で12kmある。海面は地中海よりも200m余り低く,そのために周辺の気温が非常に高くなることがよくある。丘陵部から吹き下りる冷気が湖面上の暖気とぶつかり,突然の嵐となることも多い(ルカ8:22-24)。