マタイ
    脚注
    Theme

    マタイ

    イエス・キリスト​の​使徒。『新約​聖書』の​最初​の​書​の​著者。マタイ​は​カペナウム​で​ローマ人​の​ため​の​税​の​取り立て​を​して​いた​ユダヤ人​で​あり,ヘロデ・アンティパス​に​雇われて​いた​と​推測​される。改宗​する​前​は,アルパヨ​の​子​レビ​として​知られて​いた(マコ​2:14)。イエス​の​弟子​と​なる​よう​に​召されて​間もなく,彼​は​食事​の​席​を​設け,主​も​そこ​に​来られた(マタ​9:9-13;​マコ​2:14-17;​ルカ​5:27-32)。マタイ​は『旧約​聖書』の​聖句​に​ついて​広範​な​知識​を​持ち,その​ため​に​主​の​生涯​に​おける​預言​の​成就​を​詳細​に​理解​できた​と​思われる。この​使徒​の​晩年​に​ついて​は​ほとんど​知られて​いない。殉教​した​と​いう​言い伝え​も​ある。

    マタイによる福音書

    『新約​聖書』の​最初​の​書。マタイ​の​この​福音書​は,当初,パレスチナ​に​住む​ユダヤ人​が​用いる​ため​に​書かれた​と​思われる。『旧約​聖書』から​の​多く​の​引用​文​が​使われて​いる。マタイ​が​おもに​目的​と​した​の​は,イエス​は​旧約​の​預言者​たち​が​語った​メシヤ​で​ある​と​いう​こと​を​示す​こと​で​あった。彼​は​また,イエス​が​人々​の​王​で​あり,裁き主​で​ある​こと​も​強調​して​いる。

    各章​の​概要​に​ついて​は,「福音書」の​項​を​参照。