幕屋
    脚注
    Theme

    幕屋

    主​の​宮。エジプト​から​出て​旅​を​して​いる​間,イスラエル​の​子ら​の​礼拝​の​場​として​中心​を​成す​もの​で​あった。幕屋​は​実際​は​可動​式​の​神殿​で​あり,分解​したり​組み立てたり​する​こと​が​できた。イスラエル​の​子ら​は,ソロモン​の​神殿​を​建てる​まで​幕屋​を​使って​いた(教義 124:38)。

    神​は​モーセ​に​幕屋​の​型​を​示し(出エ​26-27章),イスラエル​の​子ら​は​その​型​に​従って​幕屋​を​建てた(出エ​35-40章)。幕屋​が​完成​した​とき,雲​が​天幕​を​覆い,主​の​栄光​が​幕屋​に​満ちた(出エ​40:33-34)。その​雲​は​神​の​臨在​の​しるし​で​あり,夜​は​雲​の​中​に​火​が​現れた。雲​が​天幕​の​上​に​とどまって​いる​間​は,イスラエル​の​子ら​は​宿営​を​続けた。そして​雲​が​動く​と,彼ら​も​それ​に​伴って​移動​した(出エ​40:36-38;​民数​9:17-18)。イスラエル​の​子ら​は,砂漠​で​の​放浪​の​間,また​カナン​の​地​を​征服​する​まで​の​間,この​幕屋​を​持ち運んだ。カナン​の​地​を​征服​した​後,幕屋​は​主​が​選ばれた​地​シロ​に​置かれた(ヨシ​18:1)。イスラエル​の​子ら​が​ソロモン​神殿​を​建てた​後​は,幕屋​は​完全​に​歴史​から​その​姿​を​消した。

    主​と​イザヤ​は​幕屋​を,主​の​再臨​の​時​の​シオン​と​エルサレム​の​象徴​として​用いて​いる(イザ​33:20モセ 7:62)。