ヨエル
    脚注
    Theme

    ヨエル

    『旧約​聖書』の​中​の,ユダ​の​地​の​預言者。生没​年​は​不明​で​ある​が,紀元前​850​年​より​以前​の​ヨアシ​の​治世​と,ユダ​部族​の​バビロニア​捕囚​から​の​帰還​の​間​に​生きて​いた​人物​と​思われる。

    ヨエル書

    この​書​の​主題​は,ユダ​の​地​が​ひどい​干ばつ​と​いなご​に​よる​被害​を​受けた​後​に​ヨエル​が​発した​預言​の​中​に​述べられて​いる(ヨエ​1:4-20)。ヨエル​は​人々​に,悔い改め​を​通して​再び​神​の​祝福​に​あずかれる​よう​に​なる​と​励ました(ヨエ​2:12-14)。

    第 1章​は,主​の​家​に​おける​聖会​の​招集​で​ある。第 2章​には,福千年​に​先立って​起こる​戦争​と​荒廃​が​述べられて​いる。第 3章​は​末日​に​ついて​述べ,すべて​の​国民​が​戦い​を​する​が,最終​的​に​主​は​シオン​に​住まわれる​と​断言​して​いる。

    ペテロ​は​五旬節ごじゅんせつ​の​日​に,人々​に​御霊みたま​が​注がれる​と​いう​ヨエル​の​預言​を​引用​して​いる(ヨエ​2:28-32;​使徒​2:16-21)。天使​モロナイ​も​この​聖句​を​引用​して​ジョセフ・スミス​に​語った(ジ-歴史​1:41)。