ペテロ
    脚注
    Theme

    ペテロ

    『新約​聖書』の​中​の​人物。ペテロ​は,シメオン​あるいは​シモン​として​知られて​いた(2ペテ​1:1)。ベツサイダ​の​漁師​で,妻​と​カペナウム​で​暮らして​いた。イエス​は​ペテロ​の​妻​の​母​の​病​を​いやされた(マコ​1:29-31)。ペテロ​は​兄弟​の​アンデレ​と​ともに,イエス・キリスト​の​弟子​として​召された(マタ​4:18-22;​マコ​1:16-18;​ルカ​5:1-11)。「聖見者」あるいは「岩」を​意味​する​アラム語​名「ケパ」は,主​御​自身​から​与えられた​もの​で​ある(ヨハ​1:40-42JS​ヨハ​1:42)。『新約​聖書』には​ペテロ​の​肉体的​な​弱さ​が​幾つか​述べられて​いる​が,それ​と​同時​に,ペテロ​が​肉体的​な​弱さ​を​克服​し,イエス・キリスト​を​信じる​信仰​に​よって​強く​された​こと​も​描かれて​いる。

    ペテロ​は,イエス​が​キリスト​で​あり,神​の​御子​で​ある​こと​を​告白​した(ヨハ​6:68-69)。そして​主​は​ペテロ​を​選び,地上​に​おける​王国​の​かぎ​を​持つ​者​と​された(マタ​16:13-18)。ペテロ​は​変貌へんぼう​の​山​で,変貌へんぼう​された​救い主,ならび​に​モーセ​と​エリヤ​を​目​に​した(マタ​17:1-9)。

    ペテロ​は​当時​の​使徒​の​かしら​で​あった。救い主​の​死​と​復活​と​昇天​の​後,ペテロ​は​教会員​を​集め,イスカリオテ​の​ユダ​に​代わる​使徒​を​召す​指示​を​与えた(使徒​1:15-26)。ペテロ​と​ヨハネ​は​生まれながら​足​の​不自由​な​人​を​いやした(使徒​3:1-16)。また​二人​は,奇跡的​な​方法​で​獄​から​解放​された(使徒​5:11-29;​12:1-19)。福音​が​初めて​異邦人​に​伝えられる​よう​に​なった​の​は,ペテロ​の​働き​に​よる(使徒​10-11章)。ペテロ​は​末日​に​ヤコブ​や​ヨハネ​と​ともに​天​から​くだって​来て,ジョセフ・スミス​と​オリバー・カウドリ​に​メルキゼデク​神権​と​その​かぎ​を​授けた(教義 27:12-13128:20)。

    ペテロの第一の手紙

    この​手紙​は,ネロ​が​キリスト​教徒​へ​の​迫害​を​始めた​直後​に,「バビロン」(恐らく​ローマ)から,現在​小​アジア​と​呼ばれて​いる​地域​の​聖徒​たち​に​書き​送られた​もの​で​ある。

    第 1章​には,キリスト​が​予任​されて​いた​あがない主​として​の​務め​の​こと​が​書かれて​いる。第 2-3章​には,キリスト​が​教会​の​隅​の​かしら​石​で​ある​こと,また​聖徒​が​王国​の​神権​を​授けられた​者​で​ある​こと(KJ​1ペテ​2:9),キリスト​が​獄​に​いる​霊​たち​に​べ​伝えられた​こと​が​述べられて​いる。第 4-5章​には,福音​が​死者​に​べ​伝えられた​理由,また​長老​たち​が​羊​の​群れ​を​牧する​よう​に​求められて​いる​理由​が​説明​されて​いる。

    ペテロの第二の手紙

    第 1章​には,召し​と​選び​と​を​確か​な​もの​に​する​よう​に​と​の,聖徒​たち​へ​の​勧め​の​言葉​が​記されて​いる。第 2章​には,偽​教師​に​対する​警告​が​述べられて​いる。第 3章​には,末日​と​キリスト​の​再臨​の​こと​が​書かれて​いる。