聖典
ペテロの第一の手紙2
戻る 次へ

第2章

1 だから、あらゆる悪意あくい、あらゆるいつわり、偽善ぎぜん、そねみ、いっさいの悪口あっこうてて、

2 いまうまれたばかりの乳飲ちののように、じりけのないれいちちしたもとめなさい。それによっておいそだち、すくいはいるようになるためである。

3 あなたがたは、しゅめぐぶかいかたであることを、すでにあじわいったはずである。

4 しゅは、ひとにはてられたが、かみにとってはえらばれたたっとけるいしである。

5 このしゅのみもとにきて、あなたがたも、それぞれけるいしとなって、れいいえきずげられ、せいなる祭司さいしとなって、イエス・キリストにより、かみによろこばれるれいのいけにえを、ささげなさい。

6 聖書せいしょにこういてある、「よ、わたしはシオンに、えらばれたたっといしすみのかしらいしく。それによりたのものは、けっして、失望しつぼうおわることがない」。

7 このいしは、よりたのんでいるあなたがたにはたっといものであるが、信仰しんこう人々ひとびとには「いえつくりらのてたいしで、すみのかしらいしとなったもの」、

8 また「つまずきのいしさまたげのいわ」である。しかし、かれらがつまずくのは、御言みことばしたがわないからであって、かれらは、じつは、そうなるようにさだめられていたのである。

9 しかし、あなたがたは、えらばれた種族しゅぞく祭司さいしくにせいなる国民こくみんかみにつけるたみである。それによって、くらやみからおどろくべきみひかりまねれてくださったかたのみわざを、あなたがたがかたつたえるためである。

10 あなたがたは、以前いぜんかみたみでなかったが、いまはかみたみであり、以前いぜんは、あわれみをけたことのないものであったが、いまは、あわれみをけたものとなっている。

11 あいするものたちよ。あなたがたにすすめる。あなたがたは、この旅人たびびとであり寄留者きりゅうしゃであるから、たましいにたたかいをいどむにくよくけなさい。

12 異邦人いほうじんなかにあって、りっぱなおこないをしなさい。そうすれば、かれらは、あなたがたを悪人あくにんばわりしていても、あなたがたのりっぱなわざをて、かえって、おとずれのかみをあがめるようになろう。

13 あなたがたは、すべてひとてたせいに、しゅのゆえにしたがいなさい。主権者しゅけんしゃとしてのおうであろうと、

14 あるいは、あくおこなものばっぜんおこなものしょうするために、おうからつかわされた長官ちょうかんであろうと、これにしたがいなさい。

15 ぜんおこなうことによって、おろかな人々ひとびと無知むち発言はつげんふうじるのは、かみ御旨みむねなのである。

16 自由人じゆうじんにふさわしく行動こうどうしなさい。ただし、自由じゆうをばあくおこな口実こうじつとしてもちいず、かみしもべにふさわしく行動こうどうしなさい。

17 すべてのひとをうやまい、兄弟きょうだいたちをあいし、かみをおそれ、おうたっとびなさい。

18 しもべたるものよ。こころからのおそれをもって、主人しゅじんつかえなさい。善良ぜんりょう寛容かんよう主人しゅじんだけにでなく、むずかしい主人しゅじんにも、そうしなさい。

19 もしだれかが、不当ふとうくるしみをけても、かみあおいでその苦痛くつうしのぶなら、それはよみせられることである。

20 わるいことをしてちたたかれ、それをしのんだとしても、なんの手柄てがらになるのか。しかしぜんおこなってくるしみをけ、しかもそれをしのんでいるとすれば、これこそかみによみせられることである。

21 あなたがたは、じつに、そうするようにとされたのである。キリストも、あなたがたのためにくるしみをけ、御足みあしあとしたがうようにと、模範もはんのこされたのである。

22 キリストはつみおかさず、そのくちにはいつわりがなかった。

23 ののしられても、ののしりかえさず、くるしめられても、おびやかすことをせず、ただしいさばきをするかたに、いっさいをゆだねておられた。

24 さらに、わたしたちがつみに、きるために、十字架じゅうじかにかかって、わたしたちのつみをご自分じぶんわれた。そのきずによって、あなたがたは、いやされたのである。

25 あなたがたは、ひつじのようにさまよっていたが、いまは、たましいの牧者ぼくしゃであり監督かんとくであるかたのもとに、たちかえったのである。