ペテロの第二の手紙2
戻る 次へ

第2章

1 しかし、たみあいだに、にせ預言者よげんしゃおこったことがあるが、それとおなじく、あなたがたのあいだにも、にせ教師きょうしあらわれるであろう。かれらは、ほろびにいたらせる異端いたんをひそかにみ、自分じぶんたちをあがなってくださったしゅ否定ひていして、すみやかな滅亡めつぼう自分じぶんまねいている。

2 また、おおぜいのひとかれらの放縦ほうしょう見習みならい、そのために、真理しんりみちがそしりをけるにいたるのである。

3 かれらは、貪欲どんよくのために、甘言かんげんをもってあなたがたをあざむき、をむさぼるであろう。かれらにたいするさばきはむかしから猶予ゆうよなくおこなわれ、かれらの滅亡めつぼうも滞ることはない。

4 かみは、つみおかした御使みつかいたちをゆるしておかないで、かれらを下界げかいにおとしいれ、さばきのときまでくらやみのあなめておかれた。

5 また、ふる世界せかいをそのままにしておかないで、その信仰しんこう世界せかい洪水こうずいをきたらせ、ただ、宣伝者せんでんしゃノアたち八にんものだけを保護ほごされた。

6 また、ソドムとゴモラの町々まちまちはいせしめて破滅はめつしょし、信仰しんこうはしろうとする人々ひとびとせしめとし、

7 ただ、非道ひどうものどもの放縦ほうじゅうおこないによってなやまされていた義人ぎじんロトだけをすくされた。

8 (この義人ぎじんは、かれらのあいだみ、かれらの不法ふほうおこないを日々ひび見聞みききして、そのただしいこころいためていたのである。)

9 こういうわけで、しゅは、信心しんじんぶかもの試錬しれんなかからすくし、また、不義ふぎものども、

10 とくに、けがれた情欲じょうよくにおぼれにくにしたがってあゆみ、また、権威けんいあるものかろんじる人々ひとびとばっして、さばきのまでめておくべきことを、よくごぞんじなのである。こういう人々ひとびとは、大胆だいたんてきなわがままものであって、栄光えいこうあるものたちをそしってはばかるところがない。

11 しかし、御使みつかいたちは、いきおいにおいてもちからにおいても、かれらにまさっているにかかわらず、かれらをしゅのみまえにうったえそしることはしない。

12 これらのものは、とらえられ、ほふられるためにうまれてきた、分別ふんべつのない動物どうぶつのようなもので、自分じぶんりもしないことをそしり、その不義ふぎむくいとしてばつけ、かならほろぼされてしまうのである。

13 かれらは、真昼まひるでさえ酒食しゅしょくたのしみ、あなたがたと宴会えんかい同席どうせきして、だましごとにふけっている。かれらは、しみであり、きずである。

14 その淫行いんこうい、つみおかしてくことをらない。かれらはこころさだまらないもの誘惑ゆうわくし、そのこころ貪欲どんよくれ、のろいのとなっている。

15 かれらはただしいみちからはずれてまよいにおちいり、ベオルのバラムのみちしたがった。バラムはあいし、

16 そのために、自分じぶんのあやまちにたいするとがめをけた。ものをわないろばが、人間にんげんこえでものをい、この預言者よげんしゃ狂気きょうきじみたふるまいをはばんだのである。

17 この人々ひとびとは、いわば、みずのない井戸いど突風とっぷうきはらわれるきりであって、かれらにはくらやみが用意よういされている。

18 かれらはむなしいほこりかたり、まよいのなかきている人々ひとびとあいだから、かろうじてのがれてきたものたちを、肉欲にくよく色情しきじょうとによって誘惑ゆうわくし、

19 この人々ひとびと自由じゆうあたえると約束やくそくしながら、かれ自身じしん滅亡めつぼう奴隷どれいになっている。おおよそ、ひと征服者せいふくしゃ奴隷どれいとなるものである。

20 かれらが、しゅまた救主すくいぬしなるイエス・キリストをることにより、このけがれからのがれたのち、またそれにまれて征服せいふくされるならば、かれらののち状態じょうたいはじめよりも、もっとわるくなる。

21 みち心得こころえていながら、自分じぶんさづけられたせいなるいましめにそむくよりは、むしろみちらなかったほうがよい。

22 ことわざに、「いぬ自分じぶんいたものかえり、ぶたあらわれても、また、どろのなかにころがってく」とあるが、かれらのおこったことは、そのとおりである。