コロサイ人への手紙
    脚注
    Theme

    コロサイ人への手紙

    『新約​聖書』の​中​の​1​書。これ​は​もともと​使徒​パウロ​が​コロサイ​の​教会​の​伝道​者​エパフラス​の​訪問​を​受けた​後​に,コロサイ人​に​書き​送った​手紙​で​あった(コロ​1:7-8)。エパフラス​は​パウロ​に,コロサイ人​が​重大​な​過ち​に​陥ろう​と​して​いる​と​述べた。彼ら​は,幾つか​の​外形​的​儀式​に​注意​深く​従い(コロ​2:16),また​物質的​な​欲求​を​断ち,天使​礼拝​を​行って​いる​と​いう​こと​で​自分​たち​が​他​の​人々​より​も​優れて​いる​と​考えて​いた​の​で​ある(コロ​2:18)。コロサイ人​たち​は,この​よう​な​行い​の​ゆえ​に,自分​たち​は​きよめられて​いる​と​考えて​いた。彼ら​は​また,自分​たち​は​他​の​教会員​より​も,宇宙​の​奥義​を​深く​理解​して​いる​と​思って​いた。パウロ​は​その​手紙​の​中​で,あがない​は​キリスト​を​通して​のみ​与えられる​こと,また​教会員​は​賢く​あって​キリスト​に​仕え​なければ​ならない​こと​を​教え,彼ら​の​過ち​を​正した。

    第 1章​には,コロサイ人​へ​の​パウロ​の​あいさつ​が​記されて​いる。第 2-3章​は​教義​的​な​内容​で​あり,あがない主​として​の​キリスト,偽り​の​礼拝​の​危険​性,復活​の​重要​性​など​に​ついて​述べて​いる。第 4章​で​は,聖徒​は​すべて​の​こと​に​おいて​賢く​なければ​ならない​と​教えて​いる。

    True