コロサイ人への手紙4
戻る 次へ


第4章

1 主人しゅじんたるものよ、しもべただしく公平こうへいあつかいなさい。あなたがたにもしゅてんにいますことが、わかっているのだから。

2 をさまして、感謝かんしゃのうちにいのり、ひたすらいのつづけなさい。

3 同時どうじにわたしたちのためにも、かみ御言みことばのためにもんひらいてくださって、わたしたちがキリストの奥義おくぎかたれるように(わたしは、じつは、そのためにごくにつながれているのである)、

4 また、わたしがかたるべきことをはっきりとかたれるように、いのってほしい。

5 いまときかしてもちい、そとのひとたいしてかしこ行動こうどうしなさい。

6 いつも、しおあじつけられた、やさしい言葉ことば使つかいなさい。そうすれば、ひとりびとりにたいしてどうこたえるべきか、わかるであろう。

7 わたしの様子ようすについては、しゅにあってともしもべであり、また忠実ちゅうじつつかえているあいする兄弟きょうだいテキコが、あなたがたにいっさいのことを報告ほうこくするであろう。

8 わたしがかれをあなたがたのもとにおくるのは、わたしたちの様子ようすり、またかれによってこころはげましをけるためなのである。

9 あなたがたのひとり、忠実ちゅうじつあいする兄弟きょうだいオネシモをも、かれともおくる。かれらはあなたがたに、こちらのいっさいの事情じじょうらせるであろう。

10 わたしと一緒いっしょとらわれのとなっているアリスタルコと、バルナバのいとこマルコとが、あなたがたによろしくとっている。このマルコについては、もしかれがあなたがたのもとにくなら、むかえてやるようにとのさしずを、あなたがたはすでにけているはずである。

11 また、ユストとばれているイエスからもよろしく。割礼かつれいものなかで、この三にんだけがかみくにのためにはたら同労者どうろうしゃであって、わたしのなぐさめとなったものである。

12 あなたがたのうちのひとり、キリスト・イエスのしもべエパフラスから、よろしく。かれはいつも、いのりのうちであなたがたをおぼえ、あなたがたがまったひととなり、かみ御旨みむねをことごとく確信かくしんしてつようにと、熱心ねっしんいのっている。

13 わたしは、かれがあなたがたのため、またラオデキヤとヒエラポリスの人々ひとびとのために、ひじょうに心労しんろうしていることを、証言しょうげんする。

14 あいする医者いしゃルカとデマスとが、あなたがたによろしく。

15 ラオデキヤの兄弟きょうだいたちに、またヌンパとそのいえにある教会きょうかいとに、よろしく。

16 この手紙てがみがあなたがたのところ朗読ろうどくされたら、ラオデキヤの教会きょうかいでも朗読ろうどくされるように、はからってほしい。またラオデキヤからまわって手紙てがみを、あなたがたも朗読ろうどくしてほしい。

17 アルキポに、「しゅにあってけたつとめをよくはたすように」とつたえてほしい。

18 パウロ自身じしんが、ずからこのあいさつをく。わたしがごくにつながれていることを、おぼえていてほしい。めぐみが、あなたがたとともにあるように。