コロサイ人への手紙1
戻る 次へ


コロサイびとへの手紙てがみ

第1章

1 かみ御旨みむねによるキリスト・イエスの使徒しとパウロと兄弟きょうだいテモテから、

2 コロサイにいる、キリストにある聖徒せいとたち、忠実ちゅうじつ兄弟きょうだいたちへ。わたしたちのちちなるかみから、めぐみと平安へいあんとが、あなたがたにあるように。

3 わたしたちは、いつもあなたがたのためにいのり、わたしたちのしゅイエス・キリストのちちなるかみ感謝かんしゃしている。

4 これは、キリスト・イエスにたいするあなたがたの信仰しんこうと、すべての聖徒せいとたいしていだいているあなたがたのあいとを、みみにしたからである。

5 このあいは、あなたがたのためにてんにたくわえられているのぞみにもとづくものであり、そののぞみについては、あなたがたはすでに、あなたがたのところまでつたえられた福音ふくいん真理しんり言葉ことばによっていている。

6 そして、この福音ふくいんは、世界中せかいじゅういたるところでそうであるように、あなたがたのところでも、これをいてかみめぐみをったとき以来いらいむすんで成長せいちょうしているのである。

7 あなたがたはこの福音ふくいんを、わたしたちとおなしもべである、あいするエペフラスからまなんだのであった。かれはあなたがたのためのキリストの忠実ちゅうじつ奉仕者ほうししゃであって、

8 あなたがたが御霊みたまによっていだいているあいを、わたしたちにらせてくれたのである。

9 そういうわけで、これらのことみみにして以来いらい、わたしたちもえずあなたがたのためにいのもとめているのは、あなたがたがあらゆる霊的れいてき知恵ちえ理解力りかいりょくとをもって、かみ御旨みむねふかり、

10 しゅのみこころにかなった生活せいかつをしてしんしゅよろこばせ、あらゆるいわざをおこなってむすび、かみ知識ちしきをいよいよくわえるにいたることである。

11 さらにまたいのるのは、あなたがたが、かみ栄光えいこういきおいにしたがってたまわるすべてのちからによってつよくされ、何事なにごとよろこんでえかつしのび、

12 ひかりのうちにある聖徒せいとたちの特権とっけんにあずかるにものとならせてくださったちちなるかみに、感謝かんしゃすることである。

13 かみは、わたしたちをやみのちからからすくして、そのあいする御子みこ支配下しはいかうつしてくださった。

14 わたしたちは、この御子みこによってあがない、すなわち、つみのゆるしをけているのである。

15 御子みこは、えないかみのかたちであって、すべてのつくられたものにさきだってうまれたかたである。

16 万物ばんぶつは、てんにあるものもにあるものも、えるものもえないものも、くらい主権しゅけんも、支配しはい権威けんいも、みな御子みこにあってつくられたからである。これらいっさいのものは、御子みこによってつくられ、御子みこのためにつくられたのである。

17 かれ万物ばんぶつよりもさきにあり、万物ばんぶつかれにあってっている。

18 そしてみずからは、そのからだなる教会きょうかいのかしらである。かれはじめのものであり、死人しにんなかから最初さいしょうまれたかたである。それは、ご自身じしんがすべてのことにおいてだい一のものとなるためである。

19 かみは、御旨みむねによって、御子みこのうちにすべてのちみちたとく宿やどらせ、

20 そして、その十字架じゅうじかによって平和へいわをつくり、万物ばんぶつ、すなわち、にあるもの、てんにあるものを、ことごとく、かれによってご自分じぶん和解わかいさせてくださったのである。

21 あなたがたも、かつてはわるおこないをしてかみからはなれ、こころなかかみ敵対てきたいしていた。

22 しかしいまでは、御子みこはそのにくのからだにより、そのをとおして、あなたがたをかみ和解わかいさせ、あなたがたをせいなる、きずのない、められるところのないものとして、みまえにたせてくださったのである。

23 ただし、あなたがたは、ゆるぐことがなく、しっかりと信仰しんこうにふみとどまり、すでにいている福音ふくいんのぞみからうつくことのないようにすべきである。この福音ふくいんは、てんしたにあるすべてのつくられたものにたいしてつたえられたものであって、それにこのパウロが奉仕ほうししているのである。

24 いまわたしは、あなたがたのための苦難くなんよろこんでけており、キリストのからだなる教会きょうかいのために、キリストのくるしみのなおりないところを、わたしの肉体にくたいをもっておぎなっている。

25 わたしは、かみことばげひろめるつとめを、あなたがたのためにかみからあたえられているが、そのために教会きょうかい奉仕ほうしするものになっているのである。

26 そのことば奥義おくぎは、代々よよにわたってこのからかくされていたが、いまかみ聖徒せいとたちにあきらかにされたのである。

27 かみかれらに、異邦人いほうじんくべきこの奥義おくぎが、いかに栄光えいこうんだものであるかを、らせようとされたのである。この奥義おくぎは、あなたがたのうちにいますキリストであり、栄光えいこうのぞみである。

28 わたしたちはこのキリストをつたえ、知恵ちえをつくしてすべてのひと訓戒くんかいし、また、すべてのひとおしえている。それは、かれらがキリストにあってまったものとしてつようになるためである。

29 わたしはこのために、わたしのうちに力強ちからづよはたらいておられるかたのちからにより、苦闘くとうしながら努力どりょくしているのである。