コロサイ人への手紙2
戻る 次へ


第2章

1 わたしが、あなたがたとラオデキヤにいるひとたちのため、また、直接ちょくせつにはまだったことのない人々ひとびとのために、どんなに苦闘くとうしているか、わかってもらいたい。

2 それはかれらが、こころはげまされ、あいによってむすわされ、ゆたかな理解力りかいりょく十分じゅうぶんあたえられ、かみ奥義おくぎなるキリストをるにいたるためである。

3 キリストのうちには、知恵ちえ知識ちしきとのたからが、いっさいかくされている。

4 わたしがこううのは、あなたがたが、だれにもたくみな言葉ことばまよわされることのないためである。

5 たとい、わたしは肉体にくたいにおいてははなれていても、れいにおいてはあなたがたと一緒いっしょにいて、あなたがたの秩序ちつじょただしい様子ようすとキリストにたいするあなたがたの強固きょうこ信仰しんこうとをて、よろこんでいる。

6 このように、あなたがたはしゅキリスト・イエスをけいれたのだから、かれにあってあるきなさい。

7 また、かれざし、かれにあっててられ、そしておしえられたように、信仰しんこう確立かくりつされて、あふれるばかり感謝かんしゃしなさい。

8 あなたがたは、むなしいだましごとの哲学てつがくで、ひとのとりこにされないように、をつけなさい。それはキリストにしたがわず、のもろもろの霊力れいりょくしたが人間にんげん言伝いいつたえにもとづくものにすぎない。

9 キリストにこそ、ちみちているいっさいのかみとくが、かたちをとって宿やどっており、

10 そしてあなたがたは、キリストにあって、それにたされているのである。かれはすべての支配しはい権威けんいとのかしらであり、

11 あなたがたはまた、かれにあって、によらない割礼かつれい、すなわち、キリストの割礼かつれいけて、にくのからだをてたのである。

12 あなたがたはバプテスマをけてかれともほうむられ、同時どうじに、かれ死人しにんなかからよみがえらせたかみちからしんじる信仰しんこうによって、かれともによみがえらされたのである。

13 あなたがたは、さきにはつみなかにあり、かつにく割礼かつれいがないままでんでいたものであるが、かみは、あなたがたをキリストとともかし、わたしたちのいっさいのつみをゆるしてくださった。

14 かみは、わたしたちをめて不利ふりにおとしいれる証書しょうしょを、その規定きていもろともぬりし、これをのぞいて、十字架じゅうじかにつけてしまわれた。

15 そして、もろもろの支配しはい権威けんいとの武装ぶそう解除かいじょし、キリストにあって凱旋がいせんし、かれらをその行列ぎょうれつくわえて、さらしものとされたのである。

16 だから、あなたがたは、食物しょくもつものとにつき、あるいはまつり新月しんげつ安息日あんそくにちなどについて、だれにも批評ひひょうされてはならない。

17 これらは、きたるべきもののかげであって、その本体ほんたいはキリストにある。

18 あなたがたは、わざとらしいけんそんと天使てんし礼拝れいはいとにおぼれている人々ひとびとから、いろいろと悪評あくひょうされてはならない。かれらはまぼろしたことをおもんじ、にくおもいによっていたずらにほこるだけで、

19 キリストなるかしらに、しっかりとくことをしない。このかしらからて、からだ全体ぜんたいは、ふしふしすじすじとによってつよめられむすわされ、かみそだてられて成長せいちょうしていくのである。

20 もしあなたがたが、キリストとともんでのもろもろの霊力れいりょくからはなれたのなら、なぜ、なおこのきているもののように、

21 「さわるな、あじわうな、れるな」などという規定きていしばられているのか。

22 これらはみな使つかえばきてしまうもの、人間にんげん規定きていおしえによっているものである。

23 これらのことは、ひとりよがりの礼拝れいはいとわざとらしいけんそんと、からだの苦行くぎょうとをともなうので、知恵ちえのあるしわざらしくえるが、じつは、ほしいままな肉欲にくよくふせぐのに、なんのやくにもつものではない。