学習ヘルプ
エテル
脚注

Hide Footnotes

テーマ

エテル

『モルモン書』の​中​の​ヤレド人​の​最後​の​預言者(エテ 12:1-2)。

エテル書

『モルモン書』の​中​の​1​書。この​書​の​中​には,ヤレド人​の​記録​の​一部​が​含まれて​いる。ヤレド人​は,リーハイ​の​民​より​何​世紀​も​前​に​西半球​に​いた。エテル書​は​リムハイ​の​民​が​発見​した​24​枚​の​版​から​取られた​もの​で​ある(モサ 8:8-9)。

第 1-2章​には,ヤレド人​が​バベル​の​塔​の​時代​に​故郷​を​離れて,現在​アメリカ​大陸​として​知られて​いる​地​へ​旅​を​始めた​経緯​が​書かれて​いる。第 3-6章​には,ヤレド​の​兄弟​が​肉体​を​受けられる​前​の​救い主​に​まみえた​こと,また​ヤレド人​が​8​隻​の​船​で​旅​を​した​こと​が​書かれて​いる。第 7-11章​には,ヤレド人​の​歴史​を​色​濃く​染めて​いた​悪事​の​数々​が​書かれて​いる。エテル​の​記録​を​編集​した​モロナイ​は,第 12-13章​の​中​で,信仰​に​よって​行われた​奇跡​に​ついて,また​キリスト​と​将来​の​新​エルサレム​に​ついて​記録​して​いる。第 14-15章​には,強大​な​国家​と​なった​ヤレド人​が,悪事​に​帰因​する​内乱​に​より​滅びた​経緯​が​記されて​いる。