学習ヘルプ
ヒゼキヤ
戻る 次へ


ヒゼキヤ

『旧約聖書』の中の人物。ユダ王国を治めた義にかなった王。彼の治世は29年続き,その間イザヤがユダで預言者として働いた(列下18-20章歴下29-32章イザ36-39章)。イザヤはヒゼキヤが教会と国家を改革するのを助けた。ヒゼキヤは偶像礼拝をやめさせ,神殿の祭儀を復活させた。ヒゼキヤは,祈りと信仰によって命を15年延ばされた(列下20:1-7)。彼の治世の初期は繁栄を享受したが,アッシリア(アッスリヤ)の王に背いた結果(列下18:7),2度にわたってアッシリアの侵攻を受けた。最初の侵攻については,イザヤ10:24-32,2度目の侵攻については,列王下18:13-19:7に記されている。2度目の侵攻のとき,エルサレムは主の天使によって救われた(列下19:35)。