レビ記
    脚注
    Theme

    レビ記

    『旧約​聖書』の​中​の​1​書。イスラエル​の​祭司​の​義務​に​ついて​述べた​もの。神​の​きよさ​と,民​が​きよい​者​と​なる​ため​に​守る​べき​おきて​を​強調​して​いる。この​書​の​目的​は,儀式​を​通して,モーセ​の​律法​の​中​の​道徳的​概念​と​宗教​的​真理​を​教える​こと​に​ある。レビ記​は​モーセ​に​よって​書かれた。

    第 1-7章​には,犠牲​の​儀式​が​説明​されて​いる。第 8-10章​には,祭司​を​聖別​する​ため​に​行う​儀式​が​説明​されて​いる。第 11章​には,食べて​よい​もの​と​よくない​もの,また,清い​もの​と​汚れて​いる​もの​に​ついて​の​説明​が​ある。第 12章​には,産後​の​女性​に​関する​規定​が​記されて​いる。第 13-15章​には,汚れ​の​清め​に​関する​規定​が​記されて​いる。第 16章​には,贖罪しょくざい​の​日​に​行う​儀式​が​記されて​いる。第 17-26章​には,信仰​生活,社会​生活​上​の​規定​が​記されて​いる。第 27章​には,主​が​イスラエル​に,収穫​物​や​家畜​を​ささげる​よう​命じられた​こと​が​書かれて​いる。