会堂
    脚注
    Theme

    会堂

    宗教​的​な​目的​で​使われた​集会​所。新約​の​時代​は,内部​の​調度​は​一般的​に​質素​で,律法​を​書いた​巻き物​など​神聖​な​記録​を​収める​箱,机,礼拝​者​用​の​座席​が​備えられて​いた。

    長老​に​よって​構成​される​各​地域​の​評議​会​が​それぞれ​の​会堂​を​管理​した。彼ら​は​会堂​に​だれ​を​入れ,また​会堂​から​だれ​を​追放​する​か​の​決定​も​下した(ヨハ​9:22;​12:42)。最も​重要​な​役職​は​会堂かいどうづかさ​で​あった(マコ​5:22;​ルカ​13:14)。会堂かいどうづかさ​は​通常,律法学者​で​あり,建物​の​管理​や​様々​な​行事​の​監督​を​行った。そして,会衆​が​様々​な​聖職​者​的​務め​を​果たした(ルカ​4:20)。

    パレスチナ​で​も​その他​の​地域​で​も,ユダヤ人​が​住んで​いる​町​には​必ず​会堂​が​あった。これ​は​イエス・キリスト​の​福音​を​伝える​大きな​助け​と​なった。教会​の​初期​の​宣教師​たち​は​普通,会堂​で​話​を​する​こと​が​できた​から​で​ある(使徒​13:5,14;​14:1;​17:1,10;​18:4)。これ​と​同じ​こと​が『モルモン書』の​中​の​宣教師(アル 16:1321:4-532:1)や,この​神権​時代​の​初期​の​宣教師​たち​の​間​で​も​行われた(教義 66:768:1)。