贖罪しょくざい
    脚注

    贖罪しょくざい

    神​に​対して​人​を​執り成す​こと。

    聖典​に​書かれて​いる​よう​に,贖罪しょくざい​と​は,罪​の​行い​に​対する​罰​を​引き受け,それ​に​よって​悔い改める​人​から​罪​が​もたらす​影響​を​除き,神​と​の​和解​を​可能​に​する​こと​で​ある。イエス・キリスト​は​全​人類​の​ため​に​完全​な​贖罪しょくざい​を​なし​得る​唯一​の​御方​で​ある。イエス・キリスト​が​完全​な​贖罪しょくざい​を​なし​得た​の​は,この世​が​造られる​前​に​天上​の​大​会議​に​おいて​選ばれ,予任​されて​いた​から​で​あり(エテ 3:14モセ 4:1-2アブ 3:27),また​御​自身​が​神​の​御子​で​あり,罪​の​ない​御方​で​あった​から​で​ある。イエス・キリスト​の​贖罪しょくざい​には,ゲツセマネ​の​園​に​おいて​全​人類​の​罪​の​ため​に​苦しまれた​こと,そして​御​自身​の​血​を​流された​こと,また​死​と​それ​に​続く​墓​から​の​復活​が​含まれる(イザ​53:3-12モサ 3:5-11アル 7:10-13)。贖罪しょくざい​に​よって,すべて​の​人​が​不死​不滅​の​体​を​もって​死者​の​中​から​よみがえる​よう​に​なった(1コリ​15:22)。また​贖罪しょくざい​は,罪​の​ゆるし​を​受けて,永遠​に​神​と​ともに​住む​道​を​わたしたち​の​ため​に​備える​もの​で​ある。しかし,責任​を​負う​年齢​に​達して​律法​を​受け入れた​人​は,イエス・キリスト​を​信じる​信仰​を​持ち,罪​を​悔い改め,救い​の​儀式​を​受け,神​の​戒め​に​従う​こと​に​よって​のみ,これら​の​祝福​に​あずかる​こと​が​できる。責任​を​負う​年齢​に​達して​いない​人​と​律法​を​持たない​人​は,贖罪しょくざい​に​よって​あがなわれる(モサ 15:24-25モロ 8:22)。聖典​は,キリスト​に​よる​贖罪しょくざい​が​なかった​なら​ば,いかなる​律法​も​儀式​も​犠牲​も​正義​の​要求​を​満たす​こと​が​できず,人​は​神​の​もと​に​戻る​こと​は​できない​と​明確​に​教えて​いる(2ニフ 29章)。