ペテロの第一の手紙3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 おなじように、つまたるものよ。おっとつかえなさい。そうすれば、たとい御言みことばしたがわないおっとであっても、

    2 あなたがたのうやうやしくきよおこないをて、そのつま無言むごんおこないによって、すくいれられるようになるであろう。

    3 あなたがたは、かみみ、きんかざりをつけ、服装ふくそうをととのえるようながいめんかざりではなく、

    4 かくれたうちなるひと柔和にゅうわで、しとやかなれいというちることのないかざりを、につけるべきである。これこそ、かみのみまえに、きわめてたっといものである。

    5 むかし、かみあおのぞんでいたせいなるおんなたちも、このようにかざって、そのおっとつかえたのである。

    6 たとえば、サラはアブラハムにつかえて、かれしゅんだ。あなたがたも、何事なにごとにもおびえおくすることなくぜんおこなえば、サラのむすめたちとなるのである。

    7 おっとたるものよ。あなたがたもおなじように、おんな自分じぶんよりもよわうつわであることをみとめて、知識ちしきしたがってつまともみ、いのちのめぐみをともどもにものとして、たっとびなさい。それは、あなたがたのいのりさまたげられないためである。

    8 最後さいごう。あなたがたはみなこころをひとつにし、同情どうじょうい、兄弟きょうだいあいをもち、あわれみぶかくあり、謙虚けんきょでありなさい。

    9 あくをもってあくむくいず、悪口あっこうをもって悪口あっこうむくいず、かえって、祝福しゅくふくをもってむくいなさい。あなたがたがされたのは、祝福しゅくふくぐためなのである。

    10 「いのちをあいし、さいわいな日々ひびごそうとねがひとは、したせいしてあくわず、くちびるをじていつわりをかたらず、

    11 あくけてぜんおこない、平和へいわもとめて、これをえ。

    12 しゅ義人ぎじんたちにそそがれ、しゅみみかれらのいのりにかたむく。しかししゅ御顔みかおは、あくおこなものたいしてかう」。

    13 そこで、もしあなたがたがぜん熱心ねっしんであれば、だれが、あなたがたに危害きがいくわえようか。

    14 しかし、万一まんいちのためにくるしむようなことがあっても、あなたがたはさいわいである。かれらをおそれたり、こころみだしたりしてはならない。

    15 ただ、こころなかでキリストをしゅとあがめなさい。また、あなたがたのうちにあるのぞみについて説明せつめいもとめるひとには、いつでも弁明べんめいのできる用意よういをしていなさい。

    16 しかし、やさしく、つつしぶかく、あきらかな良心りょうしんをもって、弁明べんめいしなさい。そうすれば、あなたがたがキリストにあっていとなんでいる生活せいかつをそしる人々ひとびとも、そのようにののしったことをじいるであろう。

    17 ぜんをおこなってくるしむことは——それがかみ御旨みむねであれば——あくをおこなってくるしむよりも、まさっている。

    18 キリストも、あなたがたをかみに近づけようとして、みずからはなるかたであるのに、不義ふぎなる人々ひとびとのために、ひとたびつみのゆえになれた。ただし、にくにおいてはころされたが、れいにおいてはかされたのである。

    19 こうして、かれごくとらわれているれいどものところにくだってき、つたえることをされた。

    20 これらのれいというのは、むかしノアの箱舟はこぶねつくられていたあいだかみ寛容かんようをもってっておられたのにしたがわなかったものどものことである。その箱舟はこぶねみ、みずすくわれたのは、わずかに八めいだけであった。

    21 このみずはバプテスマを象徴しょうちょうするものであって、いまやあなたがたをもすくうのである。それは、イエス・キリストの復活ふっかつによるのであって、からだのけがれをのぞくことではなく、あきらかな良心りょうしんかみねがもとめることである。

    22 キリストはてんのぼってかみみぎし、天使てんしたちともろもろの権威けんい権力けんりょくしたがえておられるのである。