ヘブル人への手紙9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 さて、はじめの契約けいやくにも、礼拝れいはいについてのさまざまな規定きていと、地上ちじょう聖所せいじょとがあった。

    2 すなわち、まず幕屋まくやもうけられ、そのまえ場所ばしょには燭台しょくだいつくえそなえのパンとがかれていた。これが、聖所せいじょばれた。

    3 まただい二のまくのちに、べつ場所ばしょがあり、それは至聖所しせいじょばれた。

    4 そこにはきんこうだん全面ぜんめんきんでおおわれた契約けいやくはことがかれ、そのなかにはマナのはいっているきんのつぼと、したアロンのつえと、契約けいやく石板いしいたとがれてあり、

    5 はこうえには栄光えいこうかがやくケルビムがあって、贖罪所しょくざいしょをおおっていた。これらのことについては、いまここで、いちいちべることができない。

    6 これらのものが、以上いじょうのようにととのえられたうえで、祭司さいしたちはつね幕屋まくやまえ場所ばしょにはいって礼拝れいはいをするのであるが、

    7 幕屋まくやおくには大祭司だいさいしねんに一だけはいるのであり、しかも自分じぶん自身じしんたみとのあやまちのためにささげるをたずさえないでくことはない。

    8 それによって聖霊せいれいは、前方ぜんぽう幕屋まくや存在そんざいしているかぎり、聖所せいじょにはいるみちはまだひらかれていないことを、あきらかにしめしている。

    9 この幕屋まくやというのはいま時代じだいたいする比喩ひゆである。すなわち、そなものやいけにえはささげられるが、儀式ぎしきにたずさわるもの良心りょうしんまっとうすることはできない。

    10 それらは、ただ食物しょくもつもの種々しゅじゅあらいごとにかんする行事ぎょうじであって、改革かいかくときまでせられているにく規定きていにすぎない。

    11 しかしキリストがすでにあらわれた祝福しゅくふく大祭司だいさいしとしてこられたとき、つくられず、この界にぞくさない、さらにおおきく、完全かんぜん幕屋まくやをとおり、

    12 かつ、やぎとうしとのによらず、ご自身じしんによって、一だけ聖所せいじょにはいられ、それによって永遠えいえんのあがないをまっとうされたのである。

    13 もし、やぎやうし雌牛めうしはいが、けがれたひとたちのうえにまきかけられて、肉体にくたいをきよめせいべつするとすれば、

    14 永遠えいえん聖霊せいれいによって、ご自身じしんきずなきものとしてかみにささげられたキリストのは、なおさら、わたしたちの良心りょうしんをきよめてんだわざをのぞき、けるかみつかえるものとしないであろうか。

    15 それだから、キリストはあたらしい契約けいやく仲保者ちゅうほしゃなのである。それは、かれはじめの契約けいやくのもとでおかした罪過ざいかをあがなうためになれた結果けっかされたものたちが、約束やくそくされた永遠えいえんくにぐためにほかならない。

    16 いったい、遺言ゆいごんには、遺言者ゆいごんしゃ証明しょうめい必要ひつようである。

    17 遺言ゆいごんによってのみその効力こうりょくしょうじ、遺言者ゆいごんしゃきているあいだは、効力こうりょくがない。

    18 だから、はじめの契約けいやくも、ながすことなしに成立せいりつしたのではない。

    19 すなわち、モーセが、律法りっぽうしたがってすべてのいましめをたみ全体ぜんたい宣言せんげんしたとき、みず赤色あかいろ羊毛ようもうとヒソプとのほかに、うしとやぎとのって、契約けいやくしょたみ全体ぜんたいとにふりかけ、

    20 そして、「これは、かみがあなたがたにたいしててられた契約けいやくである」とった。

    21 かれはまた、幕屋まくや儀式ぎしきよう器具きぐいっさいにも、同様どうようをふりかけた。

    22 こうして、ほとんどすべてのものが、律法りっぽうしたがい、によってきよめられたのである。ながすことなしには、つみのゆるしはありない。

    23 このように、てんにあるもののひながたは、これらのものできよめられる必要ひつようがあるが、てんにあるものは、これらよりさらにすぐれたいけにえで、きよめられねばならない。

    24 ところが、キリストは、ほんとうのものの模型もけいにすぎない、つくった聖所せいじょにはいらないで、うえなるてんにはいり、いまやわたしたちのためにかみのみまえにくださったのである。

    25 大祭司だいさいしは、としごとに、自分じぶん以外いがいのもののをたずさえて聖所せいじょにはいるが、キリストは、そのように、たびたびご自身じしんをささげられるのではなかった。

    26 もしそうだとすれば、はじめから、たびたび苦難くなんけねばならなかったであろう。しかし事実じじつ、ご自身じしんをいけにえとしてささげてつみのぞくために、おわりに、一だけあらわれたのである。

    27 そして、一だけぬことと、んだのちさばきをけることとが、人間にんげんさだまっているように、

    28 キリストもまた、おおくのひとつみうために、一だけご自身じしんをささげられたのちかれのぞんでいる人々ひとびとに、つみうためではなしに二度目どめあらわれて、すくいあたえられるのである。