ヘブル人への手紙11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 さて、信仰しんこうとは、のぞんでいることがらを確信かくしんし、まだていない事実じじつ確認かくにんすることである。

    2 むかしひとたちは、この信仰しんこうのゆえに賞賛しょうさんされた。

    3 信仰しんこうによって、わたしたちは、この界がかみ言葉ことばつくられたのであり、したがって、えるものはあらわれているものからてきたのでないことを、さとるのである。

    4 信仰しんこうによって、アベルはカインよりもまさったいけにえをかみにささげ、信仰しんこうによってなるものみとめられた。かみが、かれそなものをよしとされたからである。かれんだが、信仰しんこうによっていまもなおかたっている。

    5 信仰しんこうによって、エノクはないようにてんうつされた。かみがおうつしになったので、かれえなくなった。かれうつされるまえに、かみよろこばれたものと、あかしされていたからである。

    6 信仰しんこうがなくては、かみよろこばれることはできない。なぜなら、かみものは、かみのいますことと、ご自身じしんもとめるものむくいてくださることとを、かならしんじるはずだからである。

    7 信仰しんこうによって、ノアはまだていないことがらについてげをけ、おそれかしこみつつ、その家族かぞくすくうために箱舟はこぶねつくり、その信仰しんこうによってつみをさばき、そして、信仰しんこうによるものとなった。

    8 信仰しんこうによって、アブラハムは、ぐべきけとのしをこうむったとき、それにしたがい、さきらないでった。

    9 信仰しんこうによって、他国たこくにいるようにして約束やくそく宿やどり、おな約束やくそくぐイサク、ヤコブとともに、幕屋まくやんだ。

    10 かれは、ゆるがぬ土台どだいうえてられたみやこを、のぞんでいたのである。そのみやこをもくろみ、またてたのは、かみである。

    11 信仰しんこうによって、サラもまた、年老としおいていたが、たね宿やどちからあたえられた。約束やくそくをなさったかたは真実しんじつであると、しんじていたからである。

    12 このようにして、ひとりのんだと同様どうようひとから、てんほしのように、うみべのかぞえがたいすなのように、おびただしいひとうまれてきたのである。

    13 これらのひとはみな、信仰しんこうをいだいてんだ。まだ約束やくそくのものはけていなかったが、はるかにそれをのぞよろこび、そして、地上ちじょうでは旅人たびびとであり寄留者きりゅうしゃであることを、みずかいあらわした。

    14 そういあらわすことによって、かれらがふるさとをもとめていることをしめしている。

    15 もしそのてきたところのことをかんがえていたなら、かえ機会きかいはあったであろう。

    16 しかし実際じっさいかれらがのぞんでいたのは、もっとい、てんにあるふるさとであった。だからかみは、かれらのかみばれても、それをはじとはされなかった。事実じじつかみかれらのために、みやこ用意よういされていたのである。

    17 信仰しんこうによって、アブラハムは、試錬しれんけたとき、イサクをささげた。すなわち、約束やくそくけていたかれが、そのひとりをささげたのである。

    18 このについては、「イサクからものが、あなたの子孫しそんばれるであろう」とわれていたのであった。

    19 かれは、かみ死人しにんなかからひとをよみがえらせるちからがある、としんじていたのである。だからかれは、いわば、イサクをきかえしてわたされたわけである。

    20 信仰しんこうによって、イサクは、きたるべきことについて、ヤコブとエサウとを祝福しゅくふくした。

    21 信仰しんこうによって、ヤコブはのまぎわに、ヨセフのらをひとりびとり祝福しゅくふくし、そしてそのつえのかしらによりかかって礼拝れいはいした。

    22 信仰しんこうによって、ヨセフはその臨終りんじゅうに、イスラエルのらのくことをおもい、自分じぶんほねのことについてさしずした。

    23 信仰しんこうによって、モーセのうまれたとき、両親りょうしんは、三かげつのあいだかれかくした。それは、かれらが子供こどものうるわしいのをたからである。かれらはまた、おう命令めいれいをもおそれなかった。

    24 信仰しんこうによって、モーセは、成人せいじんしたとき、パロのむすめわれることをこばみ、

    25 つみのはかない歓楽かんらくにふけるよりは、むしろかみたみとも虐待ぎゃくたいされることをえらび、

    26 キリストのゆえにけるそしりを、エジプトのたからにまさるとみかんがえた。それは、かれむくいをのぞていたからである。

    27 信仰しんこうによって、かれおういきどおりをもおそれず、エジプトをった。かれは、えないかたをているようにして、しのびとおした。

    28 信仰しんこうによって、ほろぼすものが、長子ちょうしらにくだすことのないように、かれ過越すぎこしおこなった。

    29 信仰しんこうによって、人々ひとびと紅海こうかいをかわいた土地とちをとおるようにわたったが、おなじことをくわだてたエジプトじんはおぼれんだ。

    30 信仰しんこうによって、エリコの城壁じょうへきは、七日なぬかにわたってまわったために、くずれおちた。

    31 信仰しんこうによって、遊女ゆうじょラハブは、さぐりにきたものたちをおだやかにむかえたので、従順じゅうじゅんものどもと一緒いっしょほろびることはなかった。

    32 このほか、なにおうか。もしギデオン、バラク、サムソン、エフタ、ダビデ、サムエルおよ預言者よげんしゃたちについてかたすなら、時間じかんりないであろう。

    33 かれらは信仰しんこうによって、国々くにぐに征服せいふくし、おこない、約束やくそくのものをけ、ししのくちをふさぎ、

    34 いきおいをし、つるぎのをのがれ、よわいものはつよくされ、たたかいの勇者ゆうしゃとなり、他国たこくぐん退しりぞかせた。

    35 おんなたちは、その死者ししゃたちをよみがえらさせてもらった。ほかのものは、さらにまさったいのちによみがえるために、拷問ごうもんくるしみにあまんじ、放免ほうめんされることをねがわなかった。

    36 なおほかのものたちは、あざけられ、むちたれ、しばりげられ、投獄とうごくされるほどのめにった。

    37 あるいは、いしたれ、さいなまれ、のこぎりでかれ、つるぎでころされ、ひつじかわや、やぎのかわあるきまわり、無一物むいちもつになり、なやまされ、くるしめられ、

    38 (このかれらのところではなかった)、荒野あらのやまなかいわあなつちあなとを、さまよいつづけた。

    39 さて、これらの人々ひとびとはみな、信仰しんこうによってあかしされたが、約束やくそくのものはけなかった。

    40 かみはわたしたちのために、さらにいものをあらかじめそなえてくださっているので、わたしたちをほかにしてはかれらがまっとうされることはない。