聖典
ヘブル人への手紙8
戻る 次へ

第8章

1 以上いじょうべたことの要点ようてんは、このような大祭司だいさいしがわたしたちのためにおられ、てんにあって大能者たいのうしゃ御座みざみぎし、

2 人間にんげんによらずしゅによってもうけられたしん幕屋まくやなる聖所せいじょつかえておられる、ということである。

3 おおよそ、大祭司だいさいしてられるのは、そなものやいけにえをささげるためにほかならない。したがって、この大祭司だいさいしもまた、なにかささぐべきものっておられねばならない。

4 そこで、もしかれ地上ちじょうにおられたなら、律法りっぽうにしたがってそなものをささげる祭司さいしたちが、げんにいるのだから、かれ祭司さいしではありなかったであろう。

5 かれらは、てんにある聖所せいじょのひながたかげとにつかえているものにすぎない。それについては、モーセが幕屋まくやてようとしたとき、げをけ、「やましめされたかたどおりに、注意ちゅういしてそのいっさいをつくりなさい」とわれたのである。

6 ところがキリストは、はるかにすぐれたつとめられたのである。それは、さらにまさった約束やくそくもとづいててられた、さらにまさった契約けいやく仲保者ちゅうほしゃとなられたことによる。

7 もしはじめの契約けいやくけたところがなかったなら、あとのものがてられる余地よちはなかったであろう。

8 ところが、かみかれらをめてわれた、「しゅわれる、よ、わたしがイスラエルのいえおよびユダのいえと、あたらしい契約けいやくむする。

9 それは、わたしがかれらの先祖せんぞたちのをとって、エジプトのからみちしたに、かれらとむすんだ契約けいやくのようなものではない。かれらがわたしの契約けいやくにとどまることをしないので、わたしもかれらをかえりみなかったからであると、しゅわれる。

10 わたしが、それらののち、イスラエルのいえてようとする契約けいやくはこれである、としゅわれる。すなわち、わたしの律法りっぽうかれらのおもいのなかれ、かれらのこころきつけよう。こうして、わたしはかれらのかみとなり、かれらはわたしのたみとなるであろう。

11 かれらは、それぞれ、その同胞どうほうに、また、それぞれ、その兄弟きょうだいに、しゅれ、とっておしえることはなくなる。なぜなら、おおなるものからしょうなるものいたるまで、かれらはことごとく、わたしをるようになるからである。

12 わたしは、かれらの不義ふぎをあわれみ、もはや、かれらのつみおもすことはしない」。

13 かみは、「あたらしい」とわれたことによって、はじめの契約けいやくふるいとされたのである。としふるびたものは、やがてえていく。