ヘブル人への手紙1
    脚注
    Theme

    ヘブルびとへの手紙てがみ

    第1章

    1 かみは、むかしは、預言者よげんしゃたちにより、いろいろなときに、いろいろな方法ほうほうで、先祖せんぞたちにかたられたが、

    2 このおわりのときには、御子みこによって、わたしたちにかたられたのである。かみ御子みこ万物ばんぶつ相続者そうぞくしゃさだめ、また、御子みこによって、もろもろの世界せかいつくられた。

    3 御子みこかみ栄光えいこうかがやきであり、かみ本質ほんしつしん姿すがたであって、そのちからある言葉ことばをもって万物ばんぶつたもっておられる。そしてつみのきよめのわざをなしえてから、いとたかところにいます大能者たいのうしゃみぎに、につかれたのである。

    4 御子みこは、そのがれた御使みつかいたちのにまさっているので、かれらよりもすぐれたものとなられた。

    5 いったい、かみ御使みつかいたちのだれにたいして、「あなたこそは、わたしの。きょう、わたしはあなたをんだ」とい、さらにまた、「わたしはかれちちとなり、かれはわたしのとなるであろう」とわれたことがあるか。

    6 さらにまた、かみは、その長子ちょうし世界せかいみちびれるにあたって、「かみ御使みつかいたちはことごとく、かれはいすべきである」とわれた。

    7 また、御使みつかいたちについては、「かみは、御使みつかいたちをかぜとし、ご自分じぶんつかえるものたちをほのおとされる」とわれているが、

    8 御子みこについては、「かみよ、あなたの御座みざは、世々よよかぎりなくつづき、あなたの支配しはいのつえは、公平こうへいのつえである。

    9 あなたはあいし、不法ふほうにくまれた。それゆえに、かみ、あなたのかみは、よろこびのあぶらを、あなたのともそそぐよりもおおく、あなたにそそがれた」とい、

    10 さらに、「しゅよ、あなたははじめに、もといをおすえになった。もろもろのてんも、みのわざである。

    11 これらのものはほろびてしまうが、あなたは、いつまでもいますかたである。すべてのものはころものようにふるび、

    12 それらをあなたは、外套がいとうのようにかれる。これらのものは、ころものようにかわるが、あなたは、いつもかわることがなく、あなたのよわいは、きることがない」ともわれている。

    13 かみは、御使みつかいたちのだれにたいして、「あなたのてきを、あなたのあしだいとするときまでは、わたしのみぎしていなさい」とわれたことがあるか。

    14 御使みつかいたちはすべてつかえるれいであって、すくいぐべき人々ひとびと奉仕ほうしするため、つかわされたものではないか。