ヘブル人への手紙2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 こういうわけだから、わたしたちはかされていることを、いっそうつよこころめねばならない。そうでないと、おしながされてしまう。

    2 というのは、御使みつかいたちをとおしてかたられた御言みことば効力こうりょくち、あらゆる罪過ざいか従順じゅうじゅんとにたいして正当せいとうむくいがくわえられたとすれば、

    3 わたしたちは、こんなにたっとすくいをなおざりにしては、どうしてむくいをのがれることができようか。このすくいは、はじしゅによってかたられたものであって、いた人々ひとびとからわたしたちにあかしされ、

    4 さらにかみも、しるしと不思議ふしぎとさまざまなちからあるわざとにより、また、御旨みむねしたが聖霊せいれい各自かくじたまうことによって、あかしをされたのである。

    5 いったい、かみは、わたしたちがここでかたっているきたるべき世界せかいを、御使みつかいたちに服従ふくじゅうさせることは、なさらなかった。

    6 聖書せいしょはある箇所かしょで、こうあかししている、「人間にんげん何者なにものだから、これをこころめられるのだろうか。ひと何者なにものだから、これをかえりみられるのだろうか。

    7 あなたは、しばらくのあいだかれ御使みつかいたちよりもひくものとなし、栄光えいこうとほまれとをかんむりとしてかれあたえ、

    8 万物ばんぶつをそのあしした服従ふくじゅうさせてくださった」。「万物ばんぶつかれ服従ふくじゅうさせてくださった」という以上いじょう服従ふくじゅうしないものは、なにひとつのこされていないはずである。しかし、いまもなお万物ばんぶつかれ服従ふくじゅうしている事実じじつを、わたしたちはていない。

    9 ただ、「しばらくのあいだ御使みつかいたちよりもひくものとされた」イエスが、くるしみのゆえに、栄光えいこうとほまれとをかんむりとしてあたえられたのをる。それは、かれかみめぐみによって、すべてのひとのためにあじわわれるためであった。

    10 なぜなら、万物ばんぶつすべきかた、万物ばんぶつつくられたかたが、おおくのらを栄光えいこうみちびくのに、かれらのすくいきみを、苦難くなんをとおしてまっとうされたのは、かれにふさわしいことであったからである。

    11 じつに、きよめるかたも、きよめられるものたちも、みなひとりのかたからている。それゆえにしゅは、かれらを兄弟きょうだいぶことをはじとされない。

    12 すなわち、「わたしは、御名みなをわたしの兄弟きょうだいたちにらせ、教会きょうかいなかで、あなたをほめうたおう」とい、

    13 また、「わたしは、かれによりたのむ」、また、「よ、わたしと、かみがわたしにたまわったらとは」とわれた。

    14 このように、たちはにくとにともにあずかっているので、イエスもまた同様どうように、それらをそなえておられる。それは、ちからもの、すなわち悪魔あくまを、ご自分じぶんによってほろぼし、

    15 恐怖きょうふのためにいっ生涯しょうがい奴隷どれいとなっていたものたちを、はなつためである。

    16 たしかに、かれ天使てんしたちをたすけることはしないで、アブラハムの子孫しそんたすけられた。

    17 そこで、イエスは、かみのみまえにあわれみぶか忠実ちゅうじつ大祭司だいさいしとなって、たみつみをあがなうために、あらゆるてんにおいて兄弟きょうだいたちとおなじようにならねばならなかった。

    18 しゅ自身じしん試錬しれんけてくるしまれたからこそ、試錬しれんなかにあるものたちをたすけることができるのである。