聖典
ヘブル人への手紙13
戻る 次へ

第13章

1 兄弟きょうだいあいつづけなさい。

2 旅人たびびとをもてなすことをわすれてはならない。このようにして、ある人々ひとびとは、づかないで御使みつかいたちをもてなした。

3 ごくにつながれているひとたちを、自分じぶん一緒いっしょにつながれている心持こころもちおもいやりなさい。また、自分じぶんおな肉体にくたいにあるものだから、くるしめられているひとたちのことを、こころにとめなさい。

4 すべてのひとは、結婚けっこんおもんずべきである。また寝床ねどこけがしてはならない。かみは、不品行ふひんこうもの姦淫かんいんをするものをさばかれる。

5 金銭きんせんあいすることをしないで、自分じぶんっているもので満足まんぞくしなさい。しゅは、「わたしは、けっしてあなたをはなれず、あなたをてない」とわれた。

6 だから、わたしたちは、はばからずにおう、「しゅはわたしのたすぬしである。わたしにはおそれはない。ひとは、わたしになにができようか」。

7 かみことばをあなたがたにかたった指導者しどうしゃたちのことを、いつもおもおこしなさい。かれらの生活せいかつ最後さいごて、その信仰しんこうにならいなさい。

8 イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでもかわることがない。

9 さまざまなちがったおしえによって、まよわされてはならない。食物しょくもつによらず、めぐみによって、こころつよくするがよい。食物しょくもつによってあるいたものは、えきることがなかった。

10 わたしたちには一つの祭壇さいだんがある。幕屋まくやつかえているものたちは、その祭壇さいだん食物しょくもつをたべる権利けんりはない。

11 なぜなら、大祭司だいさいしによってつみのためにささげられるけもののは、聖所せいじょのなかにたずさえてかれるが、そのからだは、営所えいしょそとかれてしまうからである。

12 だから、イエスもまた、ご自分じぶんたみをきよめるために、もんそと苦難くなんけられたのである。

13 したがって、わたしたちも、かれのはずかしめをい、営所えいしょそとて、みもとにこうではないか。

14 この地上ちじょうには、永遠えいえんみやこはない。きたらんとするみやここそ、わたしたちのもとめているものである。

15 だから、わたしたちはイエスによって、さんびのいけにえ、すなわち、かれ御名みなをたたえるくちびるのを、たえずかみにささげようではないか。

16 そして、ぜんおこなうこととほどこしをすることとを、わすれてはいけない。かみは、このようないけにえをよろこばれる。

17 あなたがたの指導者しどうしゃたちのうことをきいれて、したがいなさい。かれらは、かみいひらきをすべきものとして、あなたがたのたましいのために、をさましている。かれらがなげかないで、よろこんでこのことをするようにしなさい。そうでないと、あなたがたのえきにならない。

18 わたしたちのために、いのってほしい。わたしたちはあきらかな良心りょうしんっているとしんじており、何事なにごとについても、ただしく行動こうどうしようとねがっている。

19 わたしがあなたがたのところはやかえれるため、いのってくれるように、とくにおねがいする。

20 永遠えいえん契約けいやくによるひつじ大牧者だいぼくしゃ、わたしたちのしゅイエスを、死人しにんなかからげられた平和へいわかみが、

21 イエス・キリストによって、みこころにかなうことをわたしたちにしてくださり、あなたがたが御旨みむねおこなうために、すべてのきものをそなえてくださるようにこいねがう。栄光えいこうが、世々よよかぎりなくかみにあるように、アァメン。

22 兄弟きょうだいたちよ。どうかわたしのすすめの言葉ことばけいれてほしい。わたしは、ただみじかにいたのだから。

23 わたしたちの兄弟きょうだいテモテがゆるされたことを、おらせする。もしかれはやれば、かれ一緒いっしょにわたしはあなたがたにえるだろう。

24 あなたがたの指導者しどうしゃ一同いちどう聖徒せいとたち一同いちどうに、よろしくつたえてほしい。イタリヤからきた人々ひとびとから、あなたがたによろしく。

25 めぐみが、あなたがた一同いちどうにあるように。