ヘブル人への手紙12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 こういうわけで、わたしたちは、このようなおおくの証人しょうにんくものようにかこまれているのであるから、いっさいの重荷おもにと、からみつくつみとをかなぐりてて、わたしたちの参加さんかすべき競走きょうそうを、しのんではしりぬこうではないか。

    2 信仰しんこうみちびであり、またその完成かんせいものであるイエスをあおつつ、はしろうではないか。かれは、自分じぶんまえにおかれているよろこびのゆえに、はじをもいとわないで十字架じゅうじかしのび、かみ御座みざみぎするにいたったのである。

    3 あなたがたは、よわてて意気いきそそうしないために、罪人つみびとらのこのような反抗はんこうしのんだかたのことを、おもいみるべきである。

    4 あなたがたは、つみんでたたかとき、まだながすほどの抵抗ていこうをしたことがない。

    5 またたちにたいするように、あなたがたにかたられたこのすすめの言葉ことばわすれている、「わたしのよ、しゅ訓練くんれんかろんじてはいけない。しゅめられるとき、よわててはならない。

    6 しゅあいするもの訓練くんれんし、けいれるすべてのを、むちたれるのである」。

    7 あなたがたは訓練くんれんとしてしのびなさい。かみはあなたがたを、としてあつかっておられるのである。いったい、ちち訓練くんれんされないがあるだろうか。

    8 だれでもける訓練くんれんが、あなたがたにあたえられないとすれば、それこそ、あなたがたは私生子しせいじであって、ほんとうのではない。

    9 そのうえ肉親にくしんちちはわたしたちを訓練くんれんするのに、なおかれをうやまうとすれば、なおさら、わたしたちは、たましいのちち服従ふくじゅうして、しんきるべきではないか。

    10 肉親にくしんちちは、しばらくのあいだ自分じぶんかんがえにしたがって訓練くんれんあたえるが、たましいのちちは、わたしたちのえきのため、そのきよさにあずからせるために、そうされるのである。

    11 すべての訓練くんれんは、当座とうざは、よろこばしいものとはおもわれず、むしろかなしいものとおもわれる。しかしのちになれば、それによってきたえられるものに、平安へいあんむすばせるようになる。

    12 それだから、あなたがたのなえたと、よわくなっているひざとを、まっすぐにしなさい。

    13 また、あしのなえているものみはずすことなく、むしろいやされるように、あなたがたのあしのために、まっすぐなみちをつくりなさい。

    14 すべてのひとあいし、また、みずからきよくなるようにつとめなさい。きよくならなければ、だれもしゅることはできない。

    15 をつけて、かみめぐみからもれることがないように、また、にががはえて、あなたがたをなやまし、それによっておおくのひとけがされることのないようにしなさい。

    16 また、一杯いっぱいしょくのために長子ちょうし権利けんりったエサウのように、不品行ふひんこう俗悪ぞくあくものにならないようにしなさい。

    17 あなたがたのっているように、かれはそののち祝福しゅくふくごうとねがったけれども、てられてしまい、なみだながしてそれをもとめたが、悔改くいあらための機会きかいなかったのである。

    18 あなたがたがちかづいているのは、れることができ、え、黒雲くろくもくらやみやあらしにつつまれ、

    19 また、ラッパのひびきや、いたものたちがそれ以上いじょうみみにしたくないとねがったような言葉ことばがひびいてきたやまではない。

    20 そこでは、かれらは、「けものであっても、やまふれたら、いしころされてしまえ」という命令めいれい言葉ことばに、えることができなかったのである。

    21 その光景こうけいおそろしかったのでモーセさえも、「わたしはおそろしさのあまり、おののいている」とったほどである。

    22 しかしあなたがたがちかづいているのは、シオンのやまけるかみみやこてんにあるエルサレム、無数むすう天使てんしいわいかい

    23 てん登録とうろくされている長子ちょうしたちの教会きょうかい万民ばんみん審判者しんぱんしゃなるかみまっとうされた義人ぎじんれい

    24 あたらしい契約けいやく仲保者ちゅうほしゃイエス、ならびに、アベルのよりも力強ちからづよかたるそそがれたである。

    25 あなたがたは、かたっておられるかたをこばむことがないように、注意ちゅういしなさい。もし地上ちじょう御旨みむねげたものこばんだ人々ひとびとが、ばつをのがれることができなかったなら、てんからしめすかたを退しりぞけるわたしたちは、なおさらそうなるのではないか。

    26 あのときには、こえふるわせた。しかしいまは、約束やくそくしてわれた、「わたしはもう一ばかりでなくてんをもふるわそう」。

    27 この「もう一」という言葉ことばは、ふるわれないものがのこるために、ふるわれるものが、つくられたものとしてのぞかれることをしめしている。

    28 このように、わたしたちはふるわれないくにけているのだから、感謝かんしゃをしようではないか。そして感謝かんしゃしつつ、おそれかしこみ、かみよろこばれるように、つかえていこう。

    29 わたしたちのかみは、じつに、きつくすである。