聖典
ヘブル人への手紙10
戻る 次へ

第10章

1 いったい、律法りっぽうはきたるべきいことのかげをやどすにすぎず、そのもののしんのかたちをそなえているものではないから、としごとにきつづきささげられるおなじようないけにえによっても、みまえにちかづいてものたちを、まっとうすることはできないのである。

2 もしできたとすれば、儀式ぎしきにたずさわるものたちは、一きよめられた以上いじょう、もはやつみ自覚じかくがなくなるのであるから、ささげものをすることがやんだはずではあるまいか。

3 しかし実際じっさいは、としごとに、いけにえによってつみおもがよみがえってるのである。

4 なぜなら、うしややぎなどのは、つみのぞることができないからである。

5 それだから、キリストがこのにこられたとき、つぎのようにわれた、「あなたは、いけにえやささげもののぞまれないで、わたしのために、からだをそなえてくださった。

6 あなたは燔祭はんさい罪祭ざいさいこのまれなかった。

7 そのとき、わたしはった、『かみよ、わたしにつき、巻物まきもの書物しょもついてあるとおり、よ、御旨みむねおこなうためにまいりました』」。

8 ここで、はじめに、「あなたは、いけにえとささげもの燔祭はんさい罪祭ざいさいと(すなわち、律法りっぽうしたがってささげられるもの)をのぞまれず、このまれもしなかった」とあり、

9 つぎに、「よ、わたしは御旨みむねおこなうためにまいりました」とある。すなわち、かれは、のちのものをてるために、はじめのものを廃止はいしされたのである。

10 この御旨みむねもとづきただ一イエス・キリストのからだがささげられたことによって、わたしたちはきよめられたのである。

11 こうして、すべての祭司さいしってごとに儀式ぎしきおこない、たびたびおなじようないけにえをささげるが、それらはけっしてつみのぞることはできない。

12 しかるに、キリストはおおくのつみのために一つの永遠えいえんのいけにえをささげたのちかみみぎし、

13 それから、てきをそのあしだいとするときまで、っておられる。

14 かれは一つのささげものによって、きよめられたものたちを永遠えいえんまっとうされたのである。

15 聖霊せいれいもまた、わたしたちにあかしをして、

16 「わたしが、それらののちかれらにたいしててようとする契約けいやくはこれであると、しゅわれる。わたしの律法りっぽうかれらのこころあたえ、かれらのおもいのうちにきつけよう」とい、

17 さらに、「もはや、かれらのつみかれらの不法ふほうとを、おもすことはしない」とべている。

18 これらのことにたいするゆるしがある以上いじょうつみのためのささげものは、もはやありない。

19 兄弟きょうだいたちよ。こういうわけで、わたしたちはイエスのによって、はばかることなく聖所せいじょにはいることができ、

20 かれ肉体にくたいなるまくをとおり、わたしたちのためにひらいてくださったあたらしいきたみちをとおって、はいってくことができるのであり、

21 さらに、かみいえおさめるおおいなる祭司さいしがあるのだから、

22 こころはすすがれて良心りょうしんのとがめをり、からだはきよみずあらわれ、まごころをもって信仰しんこう確信かくしんたされつつ、みまえにちかづこうではないか。

23 また、約束やくそくをしてくださったのは忠実ちゅうじつなかたであるから、わたしたちの告白こくはくするのぞみを、うごくことなくしっかりとつづけ、

24 あい善行ぜんこうとをはげむようにたがいつとめ、

25 あるひとたちがいつもしているように、集会しゅうかいをやめることはしないでたがいはげまし、かのちかづいているのをて、ますます、そうしようではないか。

26 もしわたしたちが、真理しんり知識ちしきけたのちにもなお、ことさらにつみおかしつづけるなら、つみのためのいけにえは、もはやありない。

27 ただ、さばきと、さからうものたちをきつくすはげしいとを、おそれつつつことだけがある。

28 モーセの律法りっぽう無視むしするものが、あわれみをけることなしに、二、三のひと証言しょうげんもとづいて死刑しけいしょせられるとすれば、

29 かみみつけ、自分じぶんがきよめられた契約けいやくけがれたものとし、さらにめぐみの御霊みたまあなどものは、どんなにかおも刑罰けいばつあたいすることであろう。

30 復讐ふくしゅうはわたしのすることである。わたし自身じしん報復ほうふくする」とわれ、また「しゅはそのたみをさばかれる」とわれたかたを、わたしたちはっている。

31 けるかみのみのうちにちるのは、おそろしいことである。

32 あなたがたは、ひかりてらされたのち、くるしいおおきなたたかいによくえたはじめのころのことを、おもしてほしい。

33 そしられくるしめられてものにされたこともあれば、このようなめにった人々ひとびと仲間なかまにされたこともあった。

34 さらにごくれられた人々ひとびとおもいやり、また、もっとまさった永遠えいえんたからっていることをって、自分じぶん財産ざいさんうばわれてもよろこんでそれをしのんだ。

35 だから、あなたがたは自分じぶんっている確信かくしん放棄ほうきしてはいけない。その確信かくしんにはおおきなむくいがともなっているのである。

36 かみ御旨みむねおこなって約束やくそくのものをけるため、あなたがたに必要ひつようなのは、忍耐にんたいである。

37 「もうしばらくすれば、きたるべきかたがおえになる。おそくなることはない。

38 わが義人ぎじんは、信仰しんこうによってきる。もし信仰しんこうてるなら、わたしのたましいはこれをよろこばない」。

39 しかしわたしたちは、信仰しんこうててほろびるものではなく、信仰しんこうって、いのちをものである。