聖典
ヘブル人への手紙7
戻る 次へ

第7章

1 このメルキゼデクはサレムのおうであり、いとたかかみ祭司さいしであったが、おうたちを撃破げきはしてかえるアブラハムをむかえて祝福しゅくふくし、

2 それにたいして、アブラハムはかれにすべてのものの十ぶんの一をあたえたのである。その意味いみは、だい一におうつぎにまたサレムのおう、すなわち平和へいわおうである。

3 かれにはちちがなく、ははがなく、系図けいずがなく、生涯しょうがいはじめもなく、生命せいめいおわりもなく、かみのようであって、いつまでも祭司さいしなのである。

4 そこで、族長ぞくちょうのアブラハムがもっともよいぶんどりひんの十ぶんの一をあたえたのだから、このひとがどんなにすぐれた人物じんぶつであったかが、あなたがたにわかるであろう。

5 さて、レビののうちで祭司さいしつとめをしているものたちは、兄弟きょうだいであるたみから、おなじくアブラハムの子孫しそんであるにもかかわらず、十ぶんの一をるように、律法りっぽうによってめいじられている。

6 ところが、かれらの血統けっとうぞくさないこのひとが、アブラハムから十ぶんの一をけとり、約束やくそくけているもの祝福しゅくふくしたのである。

7 うまでもなく、しょうなるものおおなるものから祝福しゅくふくけるのである。

8 そのうえ一方いっぽうではぬべき人間にんげんが、十ぶんの一をけているが、他方たほうでは「かれきているもの」とあかしされたひとが、それをけている。

9 そこで、十ぶんの一をけるべきレビでさえも、アブラハムをつうじて十ぶんの一をおさめた、とえる。

10 なぜなら、メルキゼデクがアブラハムをむかえたときには、レビはまだこの父祖ふそこしなかにいたからである。

11 もしまっとうされることがレビけい祭司さいしせいによって可能かのうであったら——たみ祭司さいしせいもと律法りっぽうあたえられたのであるが——なんの必要ひつようがあって、なお、「アロンにひとしい」とばれない、べつな「メルキゼデクにひとしい」祭司さいしてられるのであるか。

12 祭司さいしせい変更へんこうがあれば、律法りっぽうにもかなら変更へんこうがあるはずである。

13 さて、これらのことは、いまだかつて祭壇さいだん奉仕ほうししたことのない、部族ぶぞくかんしてわれているのである。

14 というのは、わたしたちのしゅがユダぞくなかからられたことは、あきらかであるが、モーセは、この部族ぶぞくについて、祭司さいしかんすることでは、ひとこともっていない。

15 そしてこのことは、メルキゼデクと同様どうような、ほかの祭司さいしてられたことによって、ますます明白めいはくになる。

16 かれは、にくにつけるいましめの律法りっぽうによらないで、ちることのないいのちのちからによっててられたのである。

17 それについては、聖書せいしょに「あなたこそは、永遠えいえんに、メルキゼデクにひとしい祭司さいしである」とあかしされている。

18 このようにして、一方いっぽうでは、まえいましめがよわくかつ無益むえきであったために無効むこうになるとともに、

19 律法りっぽうは、何事なにごとをもまっとうしなかったからである)、他方たほうでは、さらにすぐれたのぞみがあらわれてきて、わたしたちをかみちかづかせるのである。

20 そのうえに、このことはちかいをもってなされた。人々ひとびとは、ちかいをしないで祭司さいしとされるのであるが、

21 このひと場合ばあいは、つぎのようなちかいをもってされたのである。すなわち、かれについて、こうわれている、「しゅちかわれたが、こころえることをされなかった。あなたこそは、永遠えいえん祭司さいしである」。

22 このようにして、イエスはさらにすぐれた契約けいやく保証ほしょうとなられたのである。

23 かつ、ということがあるために、つとめつづけることができないので、おおくの人々ひとびと祭司さいしてられるのである。

24 しかしかれは、永遠えいえんにいますかたであるので、かわらない祭司さいしつとめちつづけておられるのである。

25 そこでまた、かれは、いつもきていてかれらのためにとりなしておられるので、かれによってかみ人々ひとびとを、いつもすくうことができるのである。

26 このように、せいにして、あくけがれもなく、罪人つみびととは区別くべつされ、かつ、もろもろのてんよりもたかくされている大祭司だいさいしこそ、わたしたちにとってふさわしいかたである。

27 かれは、ほかの大祭司だいさいしのように、まず自分じぶんつみのため、つぎたみつみのために、日々ひび、いけにえをささげる必要ひつようはない。なぜなら、自分じぶんをささげて、一だけ、それをされたからである。

28 律法りっぽうは、よわさを人間にんげんてて大祭司だいさいしとするが、律法りっぽうのちにきたちかいの御言みことばは、永遠えいえんまっとうされた御子みこてて、大祭司だいさいしとしたのである。